【その他】 動画の手ぶれ補正で新技術、撮影済みの動画を後から補正可能

  • Sumo


情報提供:syachoM様
手ぶれの激しい動画を手ぶれ補正するスタビライズの新技術を
ウィスコンシン大学マディソン校とAdobeの共同研究グループが成功したそうです。


動画の手ぶれ補正で新技術、撮影済みの動画を後から補正可能
↓リンク先で紹介されていた動画

元の映像はかなり激しい揺れになっていますが、
この技術で出力した映像はレールで撮ったと思える程のブレに抑えられています。
この手の技術は映像が拡大&トリミングされてしまうんですね。
前後の映像からフレーム外の映像を作り上げる機能もキボンヌ。
AfterEffectのプラグインのスタビライズとどう違うかわかりませんが、
自動的にやってくれたりするんでしょうか。
ちなみに、スタビライズするAfterEffectのプラグインとして、
MercalliMagic Bullet Steady等があります。

You may also like...

2 Responses

  1. 匿名 より:

    3dトラッキングすることでスタビライズしてもパースの歪みが少なくなってるのかな?
    2dトラッキングとの比較がないといまいち分からないですな。
    面白いのはトラッキングにハノーバー大学の作ったフリー公開されているVooDooCamera Trackerを使ってるとこですかね。

  2. 匿名 より:

    だいぶ前からSyntheyesの機能として実装されてますよ。
    2Dと3Dの違いは、奥行き方向のカメラ動作も「ブレ」として処理できる点でしょうか。
    でも結果は2Dでも3Dでもあんまし変わらないと思いますね。。。。
    なぜ今頃ニュースになるのかが謎。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です