【その他】 ゲーム誌のフライング情報から判明?FFXIVの種族、ジョブ情報が流出!?

  • Sumo

ゲーム誌のフライング情報から判明?FFXIVの種族、ジョブ情報が流出!? 情報提供:コヨ様



小生も凄く期待している、

MMORPG『FF XIV』の種族、ジョブ情報と画像が流出したようです。





ゲーム誌のフライング情報から判明?FFXIVの種族、ジョブ情報が流出!?



FFXIをベースとした種族(タルタル、ガルカ、ミスラ等)が登場。

これはFFXIからのユーザーもすんなり入れるかもしれない。



キャラクターのカスタマイズについては、

顔、肌の色、髪型等はカスタマイズ出来るようです。

小生もプレイ中のMMORPG『Tower of AION』は非常にカスタマイズの幅が広く、

真面目に作ったキャラから、ヘンテコリンに作ったキャラまでいます。



キャラクターの顔や髪形も飽きてきたら変更出来るようなシステムがいいなぁ。



また、FFXIで不満の多かった移動時間の長さ、ソロで遊びにくい等、

不満だった箇所が改善されている事も期待。



ベータテストまだかな~。



You may also like...

8 Responses

  1. 匿名 より:

    たまに拝見しております。
    一つ大きなお世話を。
    「小生」という言葉。
    言葉が浮いております。
    本来の意味から使用方法は間違いではありませんが(厳密に言うと手紙で使用する言葉だった)、全体の内容・文体が老熟され、かつ重みがあって始めて説得力を持つ言葉です。
    僭越ながらサイト全体の感覚からお若い方とお見受けいたします。多く見積もっても40代でしょう。
    子供が覚えたての言葉を嬉しくて使っている感が否めません。
    また、本来の意味とそれが与えるイメージに大きな隔たりのある言葉増えております。
    現代において「小生」という言葉が与えるイメージは「古臭い」とか「文学風情を気取っている」とか「偉そう」などのようです。
    まさに大きなお世話なのですが、お止めになりません?「小生」という言葉。
    恐縮ですがまだ似つかわしくないように思われますよ。
    ふふ、小生も暇なもので。

  2. タケチュー より:

    ご指摘と解説ありがとうございます。
    小生という言葉については「男性が自分をへりくだっていう言い方」
    位の認識で、まだまだ経験の浅い無い自分を表すのに丁度いいかのな
    という事でこれまで使ってきました。
    ブログをご覧になっているようですのでお気づきかもしれませんが、
    現代のイメージといわれる「偉そう」「文学風情を気取る」
    残念ながら致命的に文章力が足りません…一応自覚しています。
    顔は「古臭い」ですけど。
    今後は小生という言葉だけが浮いてしまわないよう頑張ります。

  3. 匿名 より:

    タケチュー様
    律儀にご返答を誠に恐れ入ります。
    お気に入りのサイトですので、老婆心ながらもう一つ。
    「小生」という言葉は元来、文学の世界で作家さんが使用される言葉であったようです。
    漱石や芥川などの作品を読まれると本来のイメージが掴めると思います。
    また、「小生」は自分より目上の人間には使わない言葉とも言われています。
    つまり、目上の人間が下の人間に対して自分を謙って使用する言葉なのです。
    現代のイメージの「偉そう」というのはあながち間違っていないのですね。
    この辺りを知っておくと、そうそう「小生」は使えなくなるかと存じます。
    ネット上で無意味に多様されている「小生」ですが、見識のある人間であればあるほど、その「小生」に対する違和感・不快感は大きいものかと存じます。
    分をわきまえた人間を演じるために使用しているが、実は逆効果であった。という恐ろしい例が現代の「小生」でございます。
    因みに「自分を謙っていう言い方」としてお若い方の身の丈に合っているのは、やはり「私」かと思いますよ。
    ふふ、老婆心もここまでくるとただの説教ですね。
    これからも微力ながら応援差し上げます。

  4. 匿名 より:

    きもちわる

  5. 参考にしてます より:

    こんにちは。小生という言葉、なかなかむずかしいですね。私は全然気になりませんでした。今後もよい情報を発信してください。

  6. おが より:

    私は気にならないです。
    いつも有益情報ありがとうございます。

  7. taco より:

    あんまり気にならないっス。貴重な情報いつも大変参考にさせて頂いています。
    これからも頑張って下さい。応援しています。

  8. より:

    こんなところで"小生"論議とはw
    ただ、上のご老人が行っている事は実はほぼ正しかったりします。
    自分の事を「余は・・・」「朕は・・・」「麻呂は・・・」なんて言っている人いますか?
    そんな人いたら
    お前どんだけだよ!!?
    って誰でも思うでしょ
    "小生"も同じ効果を秘めています。
    学のある人ほど、教養のある人ほど、年配の人ほど、その効果を受ける度合いは大きいと思うな
    上のご老人はご自分でも書かれてますが、きっと大きな違和感を感じられてわざわざ投稿なさったのかとw
    ビジネスメールでも"小生"は極力使わない方が無難、というのが常識になってたりしますw
    しかし昨今の"小生"ブームは一体何の影響なのだろう・・・
    昔、女の子で一人称に「ボク」とか「オレ」とかを使う子いなかった?
    演出的・自己陶酔的でそんな女の子は好きになれなかったんだけど、自分は今の"小生"ブームにも同じ物を感じるよw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です