【3DCG】 デジタルドメインが手がけたAudiのCM『Intelligently Combined』

Audi A4 2.0 TDI Intelligently Combined German TVC 非常に美しいAudiのCM。
広々とした空間に浮いている、複数の区画に分けられるクリアなガラスの立方体。
ルービックキューブ・パズルのように回転し、その区画にある部品が組み合わさっていきます。
デジタルドメインが手がけた作品です。
2009年09月15日 11:41 情報を頂いたので追記しました。



『効率的なテクノロジーが、知的に組み合わさる』
このキャッチフレーズが出た時に『なるほど~』と思いました。
完全に予想ですけど、この区画の一つ一つがAudiの
積み重なった知識とか部署の連携とかも象徴しているんでしょうか。
CGArenaでのスポットによると、
このCM最初にスペインで2009年9月4日に放映され、その、ヨーロッパでも放映されたそうです。
海外のこういうCMって日本では放映されないんでしょうかね~。
かっちょよくてイメージもよく伝わると思うのですが。
マーケティングとか違うのもあるんだろうけど、権利とか縄張りとかややこしい事もあったりして。
2009年09月15日 11:41追記
まさみ様から情報を頂きました。引用させて頂きます。

映像関係の方から聞いた話なんですが、海外のかっちょいいCMが日本で流れないのは
日本ではCM開始10秒(だったかな?)でなんのCMかわからないと広告として使えないという風潮があるようで
美意識や芸術的観念よりも営業、経営の思考が強いためになかなかそういうCMが作られることが無いそうです。
残念な話ですが、その風潮がいつかは変わるときが来るのかもしれませんね。
な~るほど。そういう事だったんですね。情報ありがとうございました。

You may also like...

1 Response

  1. 匿名 より:

    元々は日本製品なのに、海外のCMの方が金かかってて面白いじゃん!ってことよくありますよねぇ。
    で本家の日本のCMは、変な子供の店長が出てきた(ry

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です