【その他】 ボーンデジタルによる『Toxik』のチュートリアル動画

  • Sumo

【その他】 ボーンデジタルによる『Toxik』のチュートリアル動画 情報提供:ロック&ハイド様
ロック&ハイド様にコンポジットツール『Toxik』の
チュートリアル動画のURLを教えて頂きました。
まだ数は少ないですが、公開され始めたばかりのようで、
今後も増えていくかもしれません。


Toxikユーザーインターフェース

Toxikチュートリアル001

ReactionToolを使用したライティング設定

ロック&ハイド様からのコメントを一部引用させて頂きます。

「Maya 2010」に付属しているコンポジットソフト「Maya Composite(Toxik)」ネタです。
Toxikは、もともと2009バージョンは3,945USドルで売られていたとか、
64bitにも対応している合成ソフトとして、
AEはもちろんNukeにも対抗できそうな(言い過ぎ?)、かなり高機能なツールです。
でも、ヘルプが英語だったり、チュートリアル動画が少ないなど、
習得に難しい所がありました。
毎度お世話になっているボーンデジタルさんのYouTubeチャンネルで、
http://www.youtube.com/user/BorndigitalBlog
日本語にも対応したToxikのチュートリアル動画が少しだけですが公開されています。
入門にはうってつけのありがたいものです。
今後も少しずつでもよいので、Toxikについての動画をどんどん公開して欲しいなと思いました。
Toxikってもともとそんな値段してたんですね…。
Mayaにバンドルされた事を考えると、すんごいお得になったんですね。
たまにサムネイルがファミコンがバグったような絵になる時もあるけども。
Toxikのマニュアルが少ない中、こういった動画はありがたいと思います。
情報ありがとうございました。
どうでも良い話ですが、Toxikの発音ってトクシック?トキシック?
下記の関連記事にあるデモ映像では2人いるオペレーターのうち、
1人はトクシック、もう一人はトキシックって言ってますけども。
CGトラッキング 関連記事 【3DCG】 日本語でToxikの紹介ムービーも!必見のオートデスク製品の新機能デモ映像

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です