【3DCG】 プレーヤーの枠を超えた新しい作品 『And Then There Was Salsa』のCM

  • Sumo

【3DCG】 プレーヤーの枠を超えた新しい作品 『And Then There Was Salsa』のCM 情報提供:takiraw様
takiraw様からのコメントを一部引用させて頂きます。

海外のCMで野菜ディップを宣伝するCGアニメです。
アニメ自体もいいのですが、Flashを駆使した、
フレームを超えたwebならではの表現です。
一見普通のCGムービーですが、スタートして暫くするとオォーっとなります。


プレーヤーの枠を超えた新しい作品 『And Then There Was Salsa』のCM
すんごいですね。Flashを駆使する事でプレーヤーの外にも
アニメーション表現が出来るんですね。
takiraw様のおっしゃってる通り、アニメ自体も良く出来ています。
Vemioには同じ手法を取り入れた他のムービーもあるんでしょうか。
情報ありがとうございました。
CGトラッキング 関連記事 【3DCG】 電車の中にリンゴがいっぱい!The MillによるCM『City Harvest – apples』とメイキング
【3DCG】 どうやったの?プロダクションpsyopによるCM T. Rowe Price社の『Ink』

You may also like...

1 Response

  1. masami より:

    おつかれさまです、いつも興奮と共に拝見させていただいております。
    今回のサルサのCM、本当にすごいですね!
    まさにawesome、このページが一個の作品だと思います。
    リンク先のページのコメントに
    『似たようなのでこんなのもあるよ』という発言を
    いくつか見ましたので抜粋しておきます。
    ↓ホンダ Insightのヨーロッパ向けCM(こちらも同じくらいamazing!)
    http://vimeo.com/4281939
    ↓上記CMについて詳しくあり、メイキングのリンクも
    http://white-screen.jp/2009/03/insightlet_it_shine.php
    ↓Youtubeにておそらくワリオランドの海外用CMかと
    http://www.youtube.com/wariolandshakeit2008
    どちらも3DCGはありませんが、一応アドレスを載せておきました。
    これらを観るとCGはやはり道具に過ぎないのだなと思い知らされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です