【リニアワークフロー】Mayaでのスタジオライティング・セットアップチュートリアル

130514_maya_lighting

Mayaのメンタルレイを使った、
リニアワークフローを使用した3DCGでの
スタジオライティングセットアップチュートリアルです。
静的ディスプレイ、ターンテーブルの為のセットアップ方法との事。

Mayaでのスタジオライティング・セットアップチュートリアル

Setup a Studio Lighting in Maya [CG Arena]

リアルスケール(現実で1cmの物はMaya上で1cmとして)でモデルと作ると、
リニアワークフローを使用する設定が簡単との事。
ちなみに、この辺はV-rayでもそうです。

ポリゴンを四角形にする(?)、法線が正しい向きに設定する等、
ポリゴンのクリーンナップもやっておくべしとの事。

3灯のエリアライトを使ってライティングし、
テクスチャーはカラープロファイル、又はガンマ(0.45)を設定して使用しています。

国内でも広まりつつあるリニアワークフロー。
興味のある方は参考にしてみては如何でしょうか。


スタジオライティング参考書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です