濃い霧に包まれていくようなピンボケのアニメーション。ティルトシフトレンズで撮影されたタイムラプス映像『The Lion City』

  • Sumo

131031_the-lion-city

ティルトシフトレンズという特殊なカメラのレンズで撮影されたタイムラプス映像。
よくあるミニチュアのような映像とは違い、
濃い霧に包まれていくようなピンボケのアニメーションが見所です。



ティルトシフトレンズで撮影されたタイムラプス映像『The Lion City』



撮影場所はシンガポール。
撮影機材は、ニコンのD3SとD4。夜の撮影はキャノン5DmarkII。

専門用語を簡単に解説

タイムラプスとは一定時間の間隔(1秒毎等)で写真を撮影する手法。
インターバル撮影や、微速度撮影とも言われます。

ティルトシフトレンズとはレンズの横にダイヤルの付いた特殊なレンズ。

このダイヤルを操作する事で、先ほどの映像のような特殊な写真を撮影する事が出来ます。

このタイムラプス映像は一定時間の間隔で
ティルトシフトレンズのダイヤルを少しずつ操作ながら撮影した映像かと思います。

スマホのミニチュア風撮影は擬似的なもの

スマホにもミニチュア風に撮れるアプリがあります。
スマホの物は写真の上下を画像処理でボカし、擬似的にティルトシフト風に仕上げています。

ちゃんとしたティルトシフトのレンズで撮影すると、こんな不思議な写真も撮れるんですね。
このティルトシフトレンズ自体はえっらい高いいんですけどね…。

ティルトシフトレンズ色々

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です