スカルプトCGソフト『Zbrush』で作るメカモデリングチュートリアル。2本。

  • Sumo

131106_zbrush_hardsurface

スカルプトCGソフト『Zbrush』でメカをモデリングするチュートリアルです。



Zbrush Hardsurface Techniques – 1




ロボットの足のような物を作るチュートリアルです。
Subtoolの数(オブジェクトのレイヤー数的な物)が60近くと
結構な数になっています。

ちなみに、このロボットの足のモデルは
Boston Dynamics社のBig Dogだそうです。
蹴っても倒れない4速歩行のロボットです。

Zbrush Hardsurface Techniques – 2



マシンガンに付けるホロサイトという、
照準器を作るチュートリアルです。

形状をカッティングするツール『Clip Curve』ツールを
積極的に使い、形状を削っています。

これらのムービー、早回しに見えますけど、喋りながらってことは、
リアルタイムの作業スピードなんでしょうか…。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です