【チュートリアル】3DCGソフト『Maya』で緑が生い茂った背景CGの作り方。ざっくりとした日本語解説もあるでよ。

  • Sumo

131121_enviroment_maya

2013年11月21日、本日2度目の更新です。

海外のCGサイト『CG Arena』にて、背景CGの作り方を掲載しています。
その背景も尋常じゃない程の緑が生い茂った背景になっています。
チュートリアルは英文ですが、簡単に日本語での解説も書いておきました。



【チュートリアル】3DCGソフト『Maya』で緑が生い茂った背景CGの作り方

Making of Forgotten Forest [CG Arena]


ざっと見た感じですが、各工程の解説文も書いておきます。
間違い等ありましたら、コメント欄にご指摘お願い致します。

芝生はペイントエフェクト

芝生はペイントエフェクトを使用。芝生も数パターン用意。
用意された数パターン芝生のアトリビュート設定も掲載されています。
その後ポリゴンに変換。用意した数パターンをランダムに配置させる。

芝生はパーティクルを使って配置

芝生をランダムに配置する際はキューブを使用。キューブの各面に異なる色をつけておく。
地面からパーティクルを発生させ、そのパーティクルにキューブをパーティクルインスタンス化。
その際、パーティクルインスタンスはスケールとY軸回転は
ランダムになるようにエクスプレッションを作成。
尚、キューブの各面に異なる色を付けた理由としては、
ランダムに配置した際、キューブの方向を確認出来るそうです。

植物のマテリアル設定

芝生、木とツタの葉、樹皮、その他の植物のマテリアルを作成。
メンタルレイのシェーダーを使用しています。

その他の植物もペイントエフェクトで作成

花やその他の雑草もペイントエフェクトで作成しています。
この工程ではspPaint3dというMELを使用しているようです。

spPaint3dは任意のオブジェクトをペイントエフェクトのように配置出来るツールのようです。

これは便利そうだ…。その他の植物の配置はコレを使ってるっぽいですね。
spPaint3dはcreativecrashからダウンロード出来ます。

木の追加

木の作成には樹木作成ツールOnyx Treeというソフトを使用しています。
チュートリアルには『木を作る場合はOnyx Tree、又は、SpeedTreeを使用する事が出来る』とあります。
設定が簡単な為、今回はOnyx Treeを使用しているようです。
尚、SpeedTreeは映画『Avater』でも使用された樹木作成ツールです。

ツタ植物を作成

ツタ植物の作成にはフリーのCGソフト『Ivy Generator』使用。
使い方については過去のCGトラッキングの記事をご覧下さい。
【3DCG】 ツタのような植物を生成するフリーの3DCGソフト『Ivy Generator』

建物をモデリング

建物はボロボロになった建物の2Dデザインからスタートし、それを参考に3DCGでモデリング。
モデリング方法としては板状のキューブを配置し2時間でモデリング。
その板に貼るテクスチャーも9パターンのみ使用しランダムに貼り付ける。

『Ivy Generator』を使って建物にもツタを這わせる。

全てのオブジェクトを読み込みレンダリング

レンダリングの前にデータ容量の削減をしています。
RenderProxyを使って使用メモリの量を削減しているようです。
また、テクスチャーの形式もメンタルレイの推奨の『.map』形式に変換。

これらの削減によって、幅4,000ピクセルでレンダリングしても
使用メモリも3GB未満になったとの事。

その後、色補正、被写界深度、色収差等の加工を施して完成。

ちょっと解説するつもりが長文になってしまった…。

背景モデリングは物量とデータ量に悩まされがちですが、
一つの作業方法としてこのチュートリアルが参考になればと思います。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です