モフモフ感のあるフクロウの頭部をCGで置き換え。映画『Das kleine Gespenst(邦題:小さなおばけ)』CGメイキング動画。

131129_das-kleine-gespenst

『Das kleine Gespenst(邦題:小さなおばけ)』という映画のCGメイキング動画です。

この作品ではフクロウを喋らせる為、頭部をCGに置き換えておるわけですが、
CG合成前と合成後はどのような映像なのか、また、羽根のモフモフ感はどうやって作成されたのか。
それらの様子が分かるCGメイキング動画となっています。

モフモフ感のあるフクロウの頭部をCGで置き換え。
映画『Das kleine Gespenst(邦題:小さなおばけ)』CGメイキング動画




131129_das-kleine-gespenst_1
左から説明すると、
・実写のフクロウ。
・実写のフクロウの頭部のみCGで消去。
・その上にCGのフクロウの頭部を乗せた状態。
・レンダリング、色調整等の工程を終えた合成が完成された状態。
実写と完成版を比べても殆ど差がわかりませんね。


131129_das-kleine-gespenst_2
フクロウの全身に生えている羽根も、板ポリゴン(?)、Furシステム等を混ぜ合わせ再現されています。


131129_das-kleine-gespenst_3
ライティングのテストムービー。
どこからライトを当てても、完全にフクロウです。


131129_das-kleine-gespenst_4
生やした羽根のバリエーションです。
こんなに沢山の羽根が用意され、全身に配置されています。
ここまで細かく作っておく事で、フクロウ特有のモフモフ感が出るわけですな。


フクロウのモフモフ感もすごいですが、
表情でフクロウらしさも出しつつ、人間のような表情の変化を出した
アニメーターも凄いなぁと思います。

その他背景等のメイキングも収録されています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です