左右のまぶたを超速で交互に開閉し、裸眼で3Dメガネを再現する。そんな映像。

  • Sumo

140128_3d-no-glasses

結構前の映像ですが、紹介し忘れていた映像です。
3DTV等で立体映像を見るには3Dメガネが必要です。
しかし、これを裸眼でやってみた猛者がいました。



本来3Dメガネにはグラスに超高速のシャッターが左右交互に動作しているタイプがあります。
左目用の映像、右目用の映像をほぼ同時に見る事で立体感が生じる訳です。

これを裸眼、つまり、まばたきでやってみたという発表映像です。

これが裸眼立体視のアイディアの発表映像





どうやって作られたのか





思いっきりCGでした。
まぶたの周辺だけCGを用意し、CGのまぶたを高速開閉。
それを実写に合成しているようでした。

メイキングが出るまで色んな憶測が出ました

発表映像がアップされてから1ヶ月後にメイキング映像もアップされた訳ですが、
それまでネット上には実際にやったのかどうか、色んな憶測が出ていました。

中には裸眼立体視はフェイクだ!という証明映像までアップする人も。



電気信号で強制的にまばたきさせられるお姉さん。
数秒のみのまばたきですが、結構辛そうです。
また、電気信号でまばたきすると、頬辺りの筋肉も動いてしまうようです。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です