海外のCGプロダクション『Weta Digial』による、巨大竜『スマウグ』にスポットを当てた、映画『ホビット』のCGメイキング動画

  • Sumo

14026_hobbit_01

映画『アバター』や『ロード・オブ・ザ・リング』を手掛けた
海外のCGプロダクション『Weta Digial』による、映画『ホビット』のCGメイキング動画。


劇中に登場する巨大な竜『スマウグ』にスポットを当てたCGメイキングとなっています。



スマウグはこんな感じで劇中に登場します。
分かり難いですが、スマウグの右腕辺りにホビット族が立っています。
巨大さがなんとなく伝わるのではないでしょうか?
14026_hobbit_07

Weta Digital Bringing Smaug to Life

こちらがメイキング動画です。



ZBrushで作りたくなってしまう鱗感…。
あのクオリティーは無理ですけども…。

巨大竜『スマウグ』のターンテーブル。
ターンテーブルとはCGモデルをチェックする為、360度回転させたCG動画の事です。
14026_hobbit_02

竜の表情のアニメーションは
人間のフェイシャルキャプチャーを使用して取り込んでいるようですね。
しかし、取り込んだアニメーションの大半は手付けアニメーションによって修正されたとの事。
14026_hobbit_03

筋肉をシミュレーションする為に必要な竜の骨組み。
14026_hobbit_04

そしてこれが筋肉シミュレーションの様子。
14026_hobbit_05

巨大竜というだけあって、翼を広げた時のその大きさは
ジャンボジェット機2機分もあるようです。
14026_hobbit_06

頭部のみのターンテーブル。
竜自体は動いてはいないですが、迫力があります。
14026_hobbit_08

近くに寄っても問題ない描き込み具合。
14026_hobbit_09

まるで模型です。
14026_hobbit_10

気の遠くなるような鱗の数…。
14026_hobbit_11

目のアップのクオリティーも半端無い…。
第三のまぶたでもある瞬膜のヌメっと感も凄い…。
14026_hobbit_12

尚、メイキングにも収録されていますが、スマウグは無数の金貨のある場所で登場します。
スマウグがこの中を一度移動する際、数億枚ものCGの金貨の物理シミュレーションもされた為、
VFXチームに対しても手ごわい相手だったようです。


Weta Digitalによる『ホビット』の設定資料集

設定資料集はカテゴリー毎に別冊になっており、そのうちの一冊はこんな感じになっています。





関連リンク

Benedict Cumberbatch Performs Mocap ‘Smaug’ in Making-Of Video

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です