【その他】 『初音ミク』はコンピーターと思えない美声



『初音ミク』。これは『VOCALOID 2』といわれるコンピューターでボーカルを作ってしまう音楽作成ソフト。



正直、小生も昨日まで名前は聞いた事はあるものの、

『ふ~ん』って感じであまり興味はなかったのですが、

この完成度が高い声を聞いてsugeeeeeee!と思ってしまいました。



小生は学生CG作品のBGMを作っていた頃は、

ACIDでボーカルの無いBGMを作っていた物ですが

今はボーカルさえ作れるようになったとは…。



まずは以下のYoutubeから聞いてみてください。







インターフェイスはこんな感じのようです。

黄緑色のバーの中には『あ[a]』『し [S i]』等の文字が書かれており、

この通りに発音されるようです。



よ~く聞くと開始13秒辺りで息を吸い込む音も再現。

また、最大16人でハモる事も出来るようです。





機能説明を見ると自由度のある声を作成出来るようです。

VOCALOID 2では、歌声の「音量」「ピッチ」「明るさ」「口の開き具合」「ビブラート」などを自由に操る事が出来ます。



また、中でも夢のような能力「ジェンダーファクター」をコントロールすれば、VOCALOID 2の声質を

より女性的/男性的に変化させたり、さらには幼い子供のような声にする事すら可能です。




CGトラッキング 関連リンク 初音ミク公式サイト



本日紹介した

ボーカル作成ソフト


初音ミク




作曲のセンスが無い

小生でも作曲可能。


作曲成ソフト ACID 6




作曲ソフト

ACID解説書



You may also like...

2 Responses

  1. katotaka より:

    ちょっと舌足らずっぽく歌うような曲だと
    ぴったりな感じな声ですね
    まさに平成の時祭イヴですな

  2. タケチュー より:

    さすがにプロのボーカル程は厳しいかもしれませんが、
    かなり自然な感じになっていると思います。
    これを聞く前は、
    棒読みみたいに歌うのかなと思っていたのですが、
    全くの誤解だったようで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です