恐竜をZBrushで作るチュートリアル画像。説明画像長すぎぃ!1,024×10,000ピクセルもある!

  • Sumo

140909_zbrush

2014年9月9日、本日3度目の更新です。

恐竜をZBrushで作るチュートリアル画像です。
気合いの入った説明画像となっており、画像サイズも巨大。
1,024×10,000ピクセルの画像の中に文字や追加画像等ビッシリ掲載されています。



作る恐竜はヴェロキラプトル。小型の肉食恐竜です。

チュートリアルはこちらから

Lion-Arts presents: Make a Jurassic Park inspired Velociraptor in ZBrush

ZSphereの配置から始まっています。つまり一からZBrushで作り上げる訳です。
ZSphereを使って恐竜の骨組みを作成。
その後ポリゴン化し、Move Topologicalブラシを使って大体の形状を整える。
次に、Dynameshに変換し、ZRemesherでリトポしています。
皮膚のシワや筋肉、表皮の凹凸等がどういったブラシで描かれたのかわかる画像も掲載されています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です