初心者向け!スカルプトソフトに挑戦したいという方向けの参考書『ZBrushとSculptrisによる3Dモデリング入門』がリリース

  • Sumo

141202_zbrush_sculptris_book

2014年12月2日、本日3度目の更新です。

スカルプトソフトの初心者向け参考書が秀和システムからリリースされました。
本書は無料スカルプトソフト『Sculptris』やプロも使う『ZBrush』。
また、『Sculptris』を使用して3Dプリントのデータ納品方法まで解説しているようです。


ZBrush(ズィーブラシ)とSculptrisによる3Dモデリング入門―スカルプト・粘土で始めるデジタル造形ZBrush(ズィーブラシ)とSculptrisによる3Dモデリング入門―スカルプト・粘土で始めるデジタル造形
呉 容仙

秀和システム
売り上げランキング : 42409

Amazonで詳しく見る

Zbrush(ズィーブラシ)とは

Zbrushとはスカルプトソフトと言われる、粘土造形をするような感覚でモデリング出来るソフト。
非常に細かいディティールまで作れる為、ハリウッド映画のCG制作等にも使用されています。
それほど活用されていながら、価格10万数千円(ボーンデジタル価格)と頑張れば手が届く為、
趣味レベルのユーザーにも購入されています。

無料版のスカルプトソフトもあります

Zbrushが高くて購入出来ない!という方には無料版のスカルプトソフトもあります。
Zbrushを開発しているPixologicがリリースする『Sculptris(スカルプトリス)』。
国内のCGソフト販売代理店『Oak』のHPからダウンロードする事が出来ます。
Zbrushほど高機能ではありませんが、初心者には丁度よい使い勝手かと思います。

本書について

最近の映画や3Dゲーム、フィギュアには、本物と見まがうほど精密な3DCGが使われています。
その中でも、精巧なモデリングにはデジタル造形(デジタル粘土)という技術が使われています。
本書は、デジタル造形の定番ソフト「ZBrush」と、無料で使える「Sculptris」をつかって、
デジタル粘土での3Dモデルの作り方を解説します。基本的な操作方法から、本格的な人体、
モンスター、武器の作り方までがグラフィカルにわかるマニュアルです。

目次

Part 1 Sculptris編

Chapter 1 デジタルの造形入門
  簡単にデジタル造形ができる無料ソフトSculptris
  デジタル粘土の基礎知識
  Sculptrisの使い方
Chapter 2 ディフォルメキャラクターの制作
  キャラクターの制作
  武具の制作
Chapter 3 キャラクターのペイント作業
  ペイントモード
  ディフォルメキャラクターのペイント作業
  3Dプリントのデータ納品方法と完成

Part 2 ZBrush編

Chapter 1 3Dデジタル造形ツールZBrush
  基本ツールと簡単操作方法
  初期設定方法
  基本操作方法
  基本ブラシ
Chapter 2 ベースモデル制作 – ZSphereとZSketch
  ZSphere 機能でリアルモンスターの骨格制作方法
  ZSphereの機能説明
  ZSphereでモンスターの骨格制作実戦
  ZSketch機能でリアルキャラクターの筋肉制作方法
  ZSketchで筋肉制作の実戦
  Unified Skin機能でZSketchをポリゴンメッシュに変換
Chapter 3 ベーススカルプトモデリングの制作方法
  ポリゴンの引き伸ばしの革命DynaMesh
  DynaMesh機能を利用したスカルプトの実践
  顔の制作
Chapter 4 制作プロセス – Multi Resolution Mesh
  リトポロジーの革命ZRemesher
  ZRemesherを利用したリトポロジー作業の実戦
  Projection機能でMulti Resolution Meshの制作
  Multi Resolution Mesh Editing作業
  Alphaブラシで皮膚の質感表現 Part01
  Alphaブラシで皮膚の質感表現 Part02
Chapter 5 武具の制作
  ZRemesherを利用したリトポロジー作業の実戦
  装備の制作
  ディテールの制作
  武器の制作
Chapter 6 モンスターに色を塗る – PolyPaint
  モンスターのボディの塗装
  装備の塗装
  武器の塗装
Chapter 7 UVMasterと他ソフトへの書き出し
  UVMasterで「UVマップ」の制作
  他のソフトへの書き出し

本書のサンプルはネット上には掲載されていませんでした。
小生は本屋さんでパラパラを拝見しました。
作例として掲載されているCGモンスターは他の参考書よりクオリティーは無いように思います。
しかし、DynaMeshやZRemesherなど、ZBrushの基本的な機能や、
Sculptrisや3Dプリントを考慮したデータ作り等も掲載されています。

無料の『Sculptris』からスタートしてゆくゆくはZBrushを学びたい
という方には最適な参考書かもしれません。


ZBrush(ズィーブラシ)とSculptrisによる3Dモデリング入門―スカルプト・粘土で始めるデジタル造形ZBrush(ズィーブラシ)とSculptrisによる3Dモデリング入門―スカルプト・粘土で始めるデジタル造形
呉 容仙

秀和システム
売り上げランキング : 42409

Amazonで詳しく見る

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です