葉っぱの透明感すごい!材質毎に着色する『マテリアルの描き分け』チャレンジ

150120_material_paint_01

ツイッターやPixivで『マテリアルの描き分け』とチャレンジが行われていたようです。
草、木、石、雪、肌等々、それぞれの材質別に着色をしていくというチャレンジ。

凄く上手い作品が投稿されていたので、ご紹介。




これを着色されたのはラセイン(@raseinn)氏
上手いですねぇ。
草と葉っぱの透明感、木の皮のボリューム感、
雪は冷たさが伝わり、髪の毛は手触りが伝わって来ます。
布も光の透過具合が絶妙です。

着色前のテンプレートはこちら

着色前のテンプレートも公開されているので、
我こそは!という方はチャレンジされてみては如何でしょうか?


他のチャレンジャーが投稿した作品はこちら












モノクロで描き分けをチャレンジされた方も。


ドット絵風も!

以前、『リアルな苺の描き方』『キャンディーの描き方』をご紹介しました。
面白い作品ですので、是非そちらもご覧になってみて下さい。


カラー&ライト ~リアリズムのための色彩と光の描き方~カラー&ライト ~リアリズムのための色彩と光の描き方~
ジェームス・ガーニー(James Gurney),平谷 早苗,株式会社Bスプラウト

ボーンデジタル
売り上げランキング : 1868

Amazonで詳しく見る

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です