【速報】スカルプト3DCGソフト『ZBrush4 R7』がついにリリースされたぞー!ZBrushユーザーは無料でアップグレード可能

  • Sumo

150129_zbrush_r7_01

スカルプト3DCGソフト『ZBrush4 R7』がついにリリースされたぞー!




『ZBrush4 R7』のダウンロードはこちらから


ダウンロード前に登録メールアドレス、シリアルナンバーを聞かれます。
150129_zbrush_r7_02


インストールしてみた

150129_zbrush_r7_03
『ZBrush4 R7』をインストールすると、
32bit版と64bit版がインストールされていました。

64bit版を起動してみましたが、やはり見た目には何も分かりませんでした。
大容量データを開いた時に差が出てくるんでしょうね。


新機能について
・ZModeler = ポリゴンモデリングツール
・インスタンスツール
・ZBrush to KeyShot
・64-Bit サポート
・ZRemesher 2.0
・FBX 入出力サポート
・Replay Last = 最後の操作をあらゆる場所に再適用
・バックグラウンドイメージプロジェクション (プロジェクションしながらペイント)
・新しいプリミティブ(キューブ、球体、シリンダー)
・トランスポーズラインの非マスク領域に自動センタリング
・Tool,SubTool,プロジェクト間をまたいだコピー&ペースト
・その他多数!!

引用元:CGソフト販売代理店『株式会社オーク』のブログ

リアルタイムレンダラー『KeyShot』付属、追加バージョンについて

ZBrush R7にリアルタイムレンダラー『KeyShot』の機能を追加する事が出来ます。
但し、国内のCGソフト代理店である『株式会社オーク』によると、
ZBrush to KeyShot Bridge および KeyShot for ZBrush は販売代理店では販売出来ないとの事。
現在はPixologicもしくはLuxion社からのWEB直販でのみ当面販売になるようです。
但し、販売制限が解除され次第、取り扱い予定だそうです。

『KeyShot』自体は以前から単体販売されていますが、
ZBrush4 R7に追加出来る『KeyShot』は特別版という事。
但し、特別版といっても、ZBrushのみにデータを行き来出来るというだけで、
それ以外は単体販売版と同じそうです。

今までZBrushには独自のレンダラーは付いていましたが、
正確な影が出ない等、なんちゃってレンダラーでした。
『KeyShot』機能を付ける事でZBrush4 R7のみで更にリアルに
しかも素早くレンダリング出来るようになりそうです。


ZBrushとは(ズィーブラシ)

Zbrushとはスカルプトソフトと言われる、粘土造形をするような感覚でモデリング出来るソフト。
非常に細かいディティールまで作れる為、ハリウッド映画のCG制作等にも使用されています。
それほど活用されていながら、価格10万数千円(ボーンデジタル価格)と頑張れば手が届く為、
趣味レベルのユーザーにも購入されています。
操作に慣れれば、数時間でキャラを作成する方もいらっしゃいます。

こんな作品も制作されています。




You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です