画像やモデルデータから色々なテクスチャーを生成出来る有料ツール。『ShaderMap 3』リリース。

150405_shadermap_02
Windowsに標準で入っている、サンプルピクチャーでの制作画像ですね。
そんな画像でもこんなに立体的なテクスチャーを生成出来るようです。

『ShaderMap 3』の機能紹介動画

An Introduction to ShaderMap 3

The ShaderMap 3 Material Visualizer

Advanced Map Setup with ShaderMap 3

Editing Normal Maps with ShaderMap 3

External Editors with ShaderMap 3

Using Masks with ShaderMap 3

Baking Maps from 3D Models with ShaderMap 3

ShaderMap 3の新機能

以下、ほぼ機械翻訳です。

ShaderMap 3.0.1の新機能がいくつかあります-主な機能は次のとおりです。3Dモデルからベーキングマップ、マップフィルターシステム、大幅に改善プロジェクトグリッド、素材ビジュアライザでの実際の変位プレビュー、および新しいマップの束を。以下に、各新機能やバグ修正のリストです。 バージョン3.0.1

  • 高精度浮動小数点マップ -すべての画像の計算は、現在浮動小数点値の高精度を使用して行われます。これはHDR(リニアカラースペース)ワークフローを可能にし、強制的に16ビットのオプションを削除します。
  • 32分の16ビットの画像読み込みと保存 – EXRとHDR 16/32ビット浮動小数点ロードと保存のサポートが追加されました。
  • 32ビットの画像の読み込み – 32ビットのPSD、TIFF画像をロードするためのサポートが追加されました。
  • ソースとして3Dモデル -マップは現在、3Dモデルから生成することができます。追加マップは、この機能を利用するために追加されました。新しいマップを参照してください。
  • マップフィルタスタック -各マップノードは現在、ソート可能なスタックに適用されるフィルタの数を持つことができます。マップは、入力がある場合にフィルタが前後マップ生成に適用することができる。新しいフィルタの項を参照してください。
  • テッセレーション変位素材 -新しい変位素材で視差マッピングを取り替えた。材料は、その法線に沿って頂点を変位させる。テッセレーションは今材料ビジュアライザの任意のモデルに適用することができる。
  • New Maps
    • Diffuseからのアルベドマップ – PBRで使用するアルベドマップを作成します。コントロールシャドウとハイライトだけでなく、平均光度。
    • ディスプレイスメントからアンビエントオクルージョン -変位マップからアンビエントオクルージョンを生成大幅に改良された方法。
    • 3Dモデルからワールドスペース法線 -ソースモデルまたはケージ投影法を使用することからワールド空間法線を生成します。
    • 3Dモデルからタンジェントスペース法線 -ケージ投影法を使用して接線空間法線を生成する。
    • 3Dモデルからのディスプレイスメント -ケージ投影法を使用して変位マップを生成する。
    • 3Dモデルからアンビエントオクルージョン -ソースモデルからアンビエントオクルージョンマップを生成又はケージ投影法を用いた。
    • 3DモデルからのCurvature -ソースモデルまたはケージ投影法を使用することから凸/凹を作成します。
  • New Map Filters
    • ぼかし -ガウスぼかしマップピクセル。
    • しきい値 -ピクセル輝度がしきい値以上である場合にホワイトピクセルを作成する。
    • フリップ -垂直/水平方向にマップを反転。
    • 露出 -ピクセル露光を制御します。
    • 正規化 -指定された範囲間の画素の明るさを正規化する。
    • 明るさ/コントラスト -制御マップの明るさとコントラスト。
    • カラーオーバーレイ -セットの不透明度とブレンドモードで色をオーバーレイ。
    • カラーバランス -マップに赤、緑、青を調整します。
    • ブラック&ホワイト -選択した重みを使用してグレースケールにマップを変換します。
    • 反転 -指定された中心線周辺の地図のピクセルを反転します。
    • シャドウ/ハイライト -シャドウとハイライトの強度を制御する。
    • ノーマルブラー -法線マップをぼかし。ベクトルの正規化を保証します。
  • マップマスク -すべてのマップのプラグインにオプションの画像マスクを追加しました。各マップとフィルタプラグインは有効/無効にして、処理中にマスクを反転するオプションがあります。
  • 新しいレイアウトとスタイル -これは、固体の背景、リサイズさを制御し、いくつかのコントロールの配置の変更が含まれています。
  • 新規プロジェクトグリッドコントロール -これは、古いマップグリッドインターフェースを置き換え、現在は3Dモデルと互換性があります。追加のボタンが追加と直接グリッドインタフェースを使用して、マップやモデルの削除を可能にするために、プロジェクトのグリッドに追加されました。
  • 手動によるプロジェクトグリッドの解像度を設定、プロジェクトのグリッド内のノードセルの数を増減するための新しいコントロール。
  • ドラッグして/ソースノードを交換 -ユーザーが現在のプロジェクトグリッド内の既存のノードにソース·ファイル(画像や3Dモデル)をドラッグすることができます 。次に、ユーザは、現在のノードを交換するか、プロジェクトにファイルを追加するオプションが与えられます。
  • 永続的な通常のエディタのレイヤー -ノーマルエディタによって作成された層は、マップアンロック状態で破棄されません。これは、レイヤピクセルを保持しながら、ユーザーが基本となるマップの調整を行うことができます。
  • ノーマルエディタレイヤーを削除 -すべてノーマルエディタレイヤーの削除は、ノードのコンテキストメニューで行うことができます。
  • マップ設定ページが削除された -これは、今のプロジェクトグリッドコントロールを使用して行われているように、もはやマップ設定ページを必要としません。
  • 情報ポップアップ·ダイアログ -各ノードは、ノード情報を記述する情報のポップアップを表示するための新しいコントロールを持っています。
  • ドラッグアンドクローン – Shiftキーを押し、空のグリッドセルにドロップすることにより、選択されたマップのクローンを作成。
  • ノードの警告の削除 -メッセージボックスの警告は、ノードを削除するとき(設定でオフにする)が表示されます。
  • ノード名またはソースパスを表示します -ノード名またはソースファイル名は、ノードのプロパティでだけでなく、ツールチップで表示されます。
  • 更新された地図のコンテキストメニューが -マップを削除、マップスタック、クローンマップをフィルタリング開くために追加のオプションを追加しました、(これもマッププレビューでマップ上の文脈上)
  • 整列コンテキストメニューコンテキストメニューは現在、左または右に整列している-オプションが設定である。
  • 素材ナンバーシステム -材料セットアップでナンバリングシステムは現在、プロジェクトのグリッドに対応するマップを表示します。
  • モノラルインプット地図上のチャネル選択 – (そのような変位など)を入力するための単一チャネルマップを必要とするほとんどのマップは現在、選局制御を提供します。
  • フォース座標とタイルモード -今ではなく、ワークフロー全体強制デフォルトの初期値として動作するオプションに座標系とタイルモードの強制。
  • ニュー·ノーマルブレンドモード -ノーマルブレンドマップに4つの追加のブレンドモードを追加しました。これらのモードは、ノーマルエディタで使用されるブレンドモードに似ています。
  • 材料を追加および削除 -材料グリッドが今コントロールで直接材料を追加および削除するためのコントロールを提供する新しいプロジェクトグリッドインターフェイスと一致する。
  • 画面の変更を開始します -プロジェクトの設定をデフォルトに追加された3Dモデルのオプション。また、以前のファイルがリストをドロップ追加しました。
  • 簡体バッチ地図ネーミング -ファイル名の競合が発生した場合は今すぐナンバリングシステムを使用しています。これは以前に使用し、長いファイル名を置き換えます。
  • バッチマップの保存場所は、 -バッチ·マップは今、バッチソース画像は、プロジェクトの元の場所ではなく、配置されているディレクトリに保存します。
  • 最後のプロジェクトの保存で/ロードは -彼らはプロジェクトにロードできるように、プロジェクトファイルに最後のセーブとロードのディレクトリを追加しました。
  • コマンドラインのXML設定 -プロジェクトは現在、バイナリXMLファイルを渡すことで、セットアップ(マップ、パスを保存する、など)をすることができます。これはより自分のワークフローツールにShaderMapを統合したいユーザーと役立つはずです。

  • 修正されたバグ
    • ユーザーのマウスの制御は、ポインタがウィンドウ外であった場合の更新に失敗しました。
    • マッププレビューズームは、マップが中断されたレンダリング時にリセットされていた。
    • 頂点単位接線は通常のマップとメッシュの描画に少しアーティファクトを引き起こすエラーが発生しました。
    • スペキュラマップの明るさは、すべて16ビットマップのために動作していませんでした
    • 低い値が暗い画像になるように詳細をブレンドディフューズマップからのずれを修正しました。
    • ツールのヒント]ダイアログボックスが下部のツールヒントがまだポップアップ表示のコントロールの上にあるとき。
    • ノーマルintesityは、特定のサイズの画像の値は12〜13の間でのジャンプの大きすぎました。
    • 時には別のアプリがフルスクリーンになった後、グラフィックスデバイスの回復に失敗しました。
    • 定義または面グループによる場合は、OBJインポートプラグインは現在、素材ファイルからサブセットを作成します。前だけフェイスグループによって作成された。

スクリーンショット

150405_shadermap_01
150405_shadermap_02
150405_shadermap_03
150405_shadermap_04
150405_shadermap_05
150405_shadermap_06

購入・デモ版のダウンロードはこちら

価格は49.95ドル。デモ版もあります。

S.H.フィギュアーツ アベンジャーズ アイアンマン マーク45 約155mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア S.H.フィギュアーツ アベンジャーズ アイアンマン マーク45 約155mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア

バンダイ 2015-08-31
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です