ZBrush 4R7対応参考書『基本からわかる ZBRUSH 標準リファレンスガイド』

  • Sumo

150914_zbrush_book
ZBrush 4R7対応の参考書『基本からわかる ZBRUSH 標準リファレンスガイド』が発売されます。


『基本からわかる ZBRUSH 標準リファレンスガイド』について

基本からわかる ZBRUSH 標準リファレンスガイド基本からわかる ZBRUSH 標準リファレンスガイド
米谷 芳彦(id.arts)

マイナビ 2015-09-25

Amazonで詳しく見る

プロに学ぶ、「ZBrush」の基本から実践、3Dプリンターでの出力まで。

ZBrush 4R7対応のガイドブック&リファレンス。ZBrush(ズィーブラシ)は、Pixologic社が開発した画像処理ソフトウェアです。「スカルスカルプト」と呼ばれるモデリング機能で、粘土を削ったり、盛ったりするような操作で、有機的で複雑なモデリングを得意としています。『アバター』『パイレーツ・オブ・カリビアン』『ロード・オブ・ザ・リング』といった映画や、『Gears of War』、『アサシン クリード』などのビデオゲームでもキャラクター作成や特殊効果などに活用されています。さらに、彫刻家、工業系デザイナー、ジュエリーデザイナー、歯科技工士、イラストレーター、フィギュア原型師など、さまざまなクリエイターに愛用されています。

一方で、ZBrushは独特の操作性とUI(ユーザーインターフェイス)を持っているため、一見して理解し難いUIや、独特の操作方法により、習得を断念してしまうユーザーも多いと聞きます。そこで本書は、ZBrushにはじめて触れるユーザーや、「難しくて挫折した」といった方々に向けて、ZBrushの基本操作を理解できるように構成されています。さらに、ZBrushで作成した基礎モデリングをベースに、スカルプトモデリングしたモデルデータの3Dプリント出力方法や、強力なレンダリングエンジン「KeyShot」を使った高精度なレンダリング方法など、ZBrushの総合的な活用方法についてまとめています。


本書の構成はこのようになっています。
Chapter01 ZBrushとは
Chapter02 ZBrushの基本操作
Chapter03 ブラシ
Chapter04 ツールとメッシュ
Chapter05 ZBrushプラグイン
Chapter06 KeyShot
Chapter07 3Dプリンターとは
Chapter08 ZBrushから3Dプリンターへ
Chapter09 ZBrushを利用した3Dスキャンデータの加工
Chapter10 ZBrush 4R7の新機能

前半でZBrushの主要機能を解説し、後半で3Dプリンターで出力するためのノウハウを解説した、ZBrushの入門&活用書です。

著者について

米谷 芳彦(よねたに・よしひこ)
id.arts(アイディー.アーツ)

国内外有名ブランドの製品デザイン開発を中心に、様々なクリエイティブディレクションを担当。1998年、デザイン・製品開発・3DCGのプロ集団id.artsを設立し、3Dプリンターや最新のデバイス機器を用いた新しいビジネスモデルの構築と、オリジナルコンテンツの開発などを多数展開中。
ブームにより知名度が高まった3Dプリンターだが、ビジネスの分野や個人レベル問わず、どのように活用すれば良いのか、明確な答えを出せないのが現状。そんな方達のために、3Dプリンターや関連する3D技術などを元に答えを導き出そうという研究開発を進めている。


発売日は2015年9月25日!
最新のZBrush 4R7にも対応しているので、これからZBrushを覚えたいという方にもぴったりの書籍かもしれませんね。

ご予約はこちらから/p>

基本からわかる ZBRUSH 標準リファレンスガイド基本からわかる ZBRUSH 標準リファレンスガイド
米谷 芳彦(id.arts)

マイナビ 2015-09-25

Amazonで詳しく見る

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です