まるで実写!石川晃之氏、石川友香氏による女子高生3DCGキャラクター『Saya』のクオリティーが半端ない

151014_ishikawa_saya_1 石川晃之氏、石川友香氏による女子高生3DCGキャラクター『Saya』。そのクオリティーが半端なく、まるで実写のよう。


作品はこちら

151014_ishikawa_saya_4 151014_ishikawa_saya_3 151014_ishikawa_saya_1 151014_ishikawa_saya_2 本当にこういう女子高生いるでしょ…。見ただけでテンション上がる作品を作れる方って凄いですよねぇ!

石川友香氏のツイッターより

新しく現在作成中の一人目の3DCG character「Saya」です、今年のクリカンではこちらのキャラクターを中心により実践的なワークフローを紹介させていただく予定です。

Maya V-ray Mari Quixel2.0 Photoshop MarverosDesigner Nuke shaveandhaircuts などのツールを使用してのワークフローなど 今色々と準備中です

日本人の若い女の子は特に造形部分で非常にハードルが高かったのですが、湿度を含んだ柔らかい感触、この年代のもつ透明感、日本女子の柔らかく優しい感じなどを目標に作成 HPもアップしました 

こちらのキャラクター「Saya」は自主制作ムービーの為のCGキャラクターとして作成中なので、もちろん動かす為に作っています、アーマー等も今後装備していく予定です。それともう一人作成中です。仕事の合間に造っているので、なかなか大変ですが、がんばって作ろうと思います。


あ、アーマー!?まだ作成中という事ですが、今後どういう進化をしていくのか気になりますね。また、もう一体作成中との事でこちらも楽しみですねぇ!

ツイッターでの反応





お母さん…元気出して。

『Saya』のメイキングは『CGWORLD 2015 クリエイティブカンファレンス』で

2015年11月22日開催予定の『CGWORLD 2015 クリエイティブカンファレンス』こちらで『Saya』等のキャラクターのメイキングを聞くことが出来るそうです。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です