マテリアルも、スキンも、ブレンドシェイプも!たった2クリックで3dsMaxからMayaへ3Dデータを移行出来るプラグイン『MaxToMaya』

  • Sumo

160927_max_to_maya_01
3dsMaxからMayaへ3Dデータを移行出来るプラグイン『MaxToMaya』です。たった2クリックで移行出来るシンプルなツールとなっています。


まずはMaxToMayaの機能紹介

マテリアル付きの簡単な3dsMaxのデータを『MaxToMaya』を使って、Mayaへデータ移行。それをレンダリング結果を比較したもの。ほぼほぼ同じ結果になるようです。3dsMax版のVRayからMaya版のVRayへの移行も対応しているようです。
160927_max_to_maya_01
そしてこちらも3dsMaxからMayaに移行してレンダリングした物。Mayaのみのレンダリング結果しかないようで、3dsMaxからどれぐらい移行出来ているのか確認出来ませんが…。
160927_max_to_maya_02 160927_max_to_maya_03 160927_max_to_maya_04
3dsMaxのスキン情報もMayaに移行出来るようです。下の画像は3dsMaxのスキン付きのデータをMayaに移行し、HumanIKでポーズ付けした様子。
160927_max_to_maya_05
ブレンドシェイプも移行出来ます。
160927_max_to_maya_06
ベジータがテッカテカですが、シーン作成をしている様子。
160927_max_to_maya_07

MaxToMayaの機能紹介動画

MaxToMayaについて機能を紹介している動画です。
MaxToMaya – Features
個人的に気になる処としてはMayaへ移行時にポリゴンは三角形に変換されてしまうのかという所…。
記憶が正しければ、スキン付きのキャラクターをFBXで3dsMaxからMayaに移行する際は強制的にポリゴンが三角形に変換されたので、いろいろ試行錯誤した記憶があるので…。この動画を見る限り、Mayaへの移行後は三角ポリゴンしか映っていませんが。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です