Pixologic『ZBrush』の廉価版『ZBrushCore』詳細が判明

161002_zbrushcore_01
2016年9月30日、Pixologicから『ZBrushCore』の詳細が正式に発表されました。

ZBrushとは(ズィーブラシ)

Zbrushとはスカルプトソフトと言われる、粘土造形をするような感覚でモデリング出来るソフト。非常に細かいディティールまで作れる為、ハリウッド映画のCG制作等にも使用されています。それほど活用されていながら、価格10万数千円(ボーンデジタル価格)と頑張れば手が届く為、趣味レベルのユーザーにも購入されています。
操作に慣れれば、数時間でキャラを作成する方もいらっしゃいます。

ZBrushCoreとは

ZBrushCoreはデジタル造形を始めたい学生、イラストレーター、原型師をターゲットとしたZBrushの廉価版。
UIの言語も日本語、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、中国語と豊富。
フル機能版ZBrushとはかなり価格は抑えられていますが、扱えるポリゴン数等にも制限があります。

ZBrushCoreとZBrushについて機能差一覧


ベースメッシュ生成
特徴 ZBrushCore Zbrush
Dynamesh
ZSpheres
マネキン
プリミティブ
メッシュエクスポート
スカルプティング
特徴 ZBrushCore Zbrush
メッシュごとの最大ポリゴン数 2,000万 1億
マルチレゾリューションメッシュの編集(Subdivion サーフェイス スカルプト)
マルチメッシュを挿入
ブラシの数 30 300+
複数のメッシュサポート(サブツール)
サーフェイスノイズ エフェクトのレンダリング 実際のジオメトリ
DynaMeshとブーリアンの操作
3Dサーフェイスエフェクト ClayPolish
リファレンスイメージのサポート
レンダリング
特徴 ZBrushCore Zbrush
ZBrush to KeyShot Bridgeのサポート
基本的なベストプレビューレンダー(BPR)
レンダーパス ×
Material editing/インポート ×
インポート・エクスポート
特徴 ZBrushCore Zbrush
エクスポート OBJ、STL(※)、VRML (※) OBJ、STL、VRML、FBX
インポート OBJ OBJ、STL、FBX
主要な3Dアプリケーションとの間のブリッジ(GoZ) ×
ZBrushのリソースのエクスポート(ブラシ、ストローク、材料、等) ×
3Dプリントのためのワンクリックで最適化 ×
3Dプリントのための高度なエクスポート設定 ×
3Dプリントのための空洞化モデル
※:ZBrushCoreのエクスポートは2000万ポリゴンに制限されます。
一般
特徴 ZBrushCore Zbrush
WindowsやMacOSの上で利用可能
64ビットアーキテクチャ
アクティベート出来るマシンの数 2 2
CPUベース – 特別なグラフィックカードが不要
グラフィックタブレットのサポート
3Dスタートアップモデルのライブラリ
言語(※)
※:英語、日本語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、簡体字中国語- ZBruhCoreとZbrush次期リリース
高度な機能
特徴 ZBrushCore Zbrush
シャドー ×
ZSketch ×
ZModeler ×
高度なブラシ/ストロークのカスタマイズ ×
ユーザー作成のブラシ(※) ×
3Dレイヤー ×
HDジオメトリのサポート ×
ファイバーメッシュ生成(FiberMesh) ×
高度なコピーおよびインスタンス化ツール(アレイメッシュ、ナノメッシュ、マイクロメッシュ) ×
自動 リトポ機能 ×
マスキング機能 基本 高度な
Polygroup機能 基本 高度な
折り目 ×
Edgeloop ×
メッシュ投影 ×
モデルの高度なスプリット/マージ ×
UVマッピング ×
アンビエントオクルージョン ×
SSS ×
環境マップ ×
LightCap ×
BPRフィルタ ×
高度な3Dは、プラグインを通じて、輸出を提出します ×
高度なメッシュ最適化(間引き) ×
スクリプト/プラグイン/マクロ ×
※:ZBrushはZBrushCoreで作成されたブラシを読み込むことができますが、ZBrushCoreはZBrushの中で作成されたブラシを読み込むことができません

機能制限はあるものの、趣味や勉強レベルとしては問題なさそうな制限。ダイナメッシュも使えますし。
3Dプリント周りの機能については現在ZBrushCoreのみの機能となっています。

ZBrushCoreで言語切り替えを行っている動画

先日、日本語字幕への切り替えが可能とお知らせしましたが、UIの言語変更する様子を収めた動画もアップされています。
ZBrushCore – Joseph Drust – Changing Languages

ZBrushCoreはお得なWacomタブレット同梱版も発売予定

ZBrushCore自体の価格は海外の公式ZBrushストアで149.95ドル。今はキャンペーン中で119.95ドルで買う事が出来ます。しかし、WacomタブレットにZBrushCore同梱版というお得なセットでも販売されます。
ワコム ペンタブレット Intuos 3D ペン&タッチ 3Dモデリング用 Mサイズ ブラック CTH-690/K2ワコム ペンタブレット Intuos 3D ペン&タッチ 3Dモデリング用 Mサイズ ブラック CTH-690/K2


ワコム 2016-10-14
売り上げランキング : 1651

Amazonで詳しく見る

ZBrushCoreの登場で国内でより買いやすくなったり日本語UIに対応したりで今後もZBrushユーザーや立体出力に興味のある方が増えるかもしれませんね。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です