【メイキング】宮崎駿監督がCGを使った短編アニメーションに挑戦。作品名は『毛虫のボロ』。NHKスペシャルで2年間の密着映像を放送予定

161011_miyazaki_hayao_01

161011_miyazaki_hayao_02

11月13日、宮崎駿氏に密着したNHKスペシャルが放送されることがわかった。

3年前に電撃的な引退宣言を行った宮崎駿氏。長編映画からは身をひいいたが、創造への意欲は衰えていなかった。氏はCGを使った短編アニメーションという新しい分野に挑戦している。その作品は『毛虫のボロ』。NHKでは2年間宮崎氏を独占取材し、苦闘する姿を生々しく描き出す。宮崎氏は同局の番組では「プロフェッショナル」に登場したことがある。

引用元:http://s.rbbtoday.com/article/2016/10/07/145895.html

NHKスペシャルという事は1時間弱の内容になりそうですね。

『毛虫のボロ』について

『毛虫のボロ』はCGと手描きを組み合わせた短編アニメーション作品。主人公は1mmの毛虫『ボロ』。尺は12分となり、三鷹の森ジブリ美術館で上映される予定。
宮崎監督は2015年夏位からこの作品に取り掛かったようです。宮崎監督はCG嫌いというイメージがあったんですが、勘違いだったかな…。

もののけ姫の密着取材はDVDになってます

宮崎監督の密着取材は『もののけ姫はこうして生まれた』が個人的に好き。『もののけ姫』のメイキングDVDで400分の映像の中に宮崎監督やスタッフがどういう想いや苦労であの作品が完成されたのかが収録されています。今では有名な結末も脚本とかではなく絵コンテを描きながら決めた事にびっくりした覚えがあります。興味のある方はチェックされてみては如何でしょうか。
「もののけ姫」はこうして生まれた。 [DVD]「もののけ姫」はこうして生まれた。 [DVD]
宮崎駿

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
売り上げランキング : 9588

Amazonで詳しく見る

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です