クランクアップ前に亡くなったポール・ウォーカーの遺作『ワイルド・スピード SKY Mission』。未撮影分はこうして作られた。

  • Sumo



映画『ワイルド・スピード SKY Mission』。
本作のクランクアップ前に残念ながら交通事故で亡くなったポール・ウォーカー氏。
未撮影分があったそうですが、ポール・ウォーカー氏をCGで全く違和感なく再現されています。

Furious 7 VFX – Weta Digital enabled Paul’s legacy to live on


胴体は代役4人によるものですが、その内の2人はポール・ウォーカー氏の兄弟コディ・ウォーカー、カレブ・ウォーカー演じているとの事。
顔の測定用に写真撮影されているのは代役の方でしょうか。その写真を元に3DCGのポール・ウォーカーが再現されたようですね。
あと、声もコンピューターによるものとの事。いやー凄い。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です