ディズニー実写映画『美女と野獣』。テスト動画等も収録されたCGメイキング映像

  • Sumo


今年ロングラン上映した、ディズニー映画『美女と野獣』。CGを手掛けたFrameStoreによる、CGメイキングが公開されています。

まずはスクリーンショット

登場する小物は実際にオブジェを作り、それを3Dスキャンしたようです。こちらの時計型のキャラクター『コグスワース』の画像はCGではなく、3Dスキャンに使った写真のようです。

キャラクター作成には3Dスキャンの他、
モデリングにはMaya、ZBrush。
UV作業はMaya。
テクスチャーはMari、Photoshop。
LookdevはArnoldレンダラー。
アニメーションを行う為のリグはMayaが使用されたとの事。

コグスワースのアニメーションテストでしょうか。コグスワースの周りにあるライン上のオブジェクトは、アニメーションをコントローラーする為のリグと言われる物。
これをCGアニメーターが操作する事で表情や時計の針を動かす事が出来ます。

ティーポットのポット夫人。完璧な質感になっているか確認する為に、あらゆるアングルで、様々な照明条件でレンダリングされています。

人型の燭台のルミエール。アニメーションテストでしょうか。右上に参考にしたと思われる実写の動画が貼り付けられています。

ディズニー映画『美女と野獣』。テスト動画等も収録されたCGメイキング映像

メイキング本編は3:20辺りからスタート。お城のワイヤーフレームなんかも収録されています。
その後、暫く静止画での解説が始まり、10:40辺りからテスト動画などを見る事が出来ます。

Character Creation for Beauty and the Beast with Framestore

『美女と野獣』ブルーレイ版 予約受付中

ディズニー映画『美女と野獣』のブルーレイ版の予約は開始されており、2017年10月4日に発売が予定されています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です