【3DCG】 2500万ポリゴンでもなんのその!『Autodesk Mudbox 2009』 パフォーマンスプレビュームービー

【3DCG】 2500万ポリゴンでもなんのその!『Autodesk Mudbox 2009』 パフォーマンスプレビュームービー

AutodeskのMudboxのパフォーマンスを解説するムービーです。

MudboxがAutodeskの製品として公開されたムービーは

これが初めてなんじゃないかと思います。



2500万ポリゴンでもなんのその!『Autodesk Mudbox 2009』 パフォーマンスプレビュームービー



『Mudbox 2009』という名称は開発者の中で呼んでいる名前だそうです。

でも、これが正式名称になりそうな予感はしますね。



ムービー中、分割レベルを下げるパートがありますが、

元はえっらいローポリなんですね。






Zbrush3は10億ポリゴンまで使用可能です。

しかし、HDRライティングしつつ、リアルタイムで2500万ポリゴンは

結構優秀なんじゃないですかねぇ。

しかも、『Autodesk Mudbox 2009』は

DELLの『Inspiron 1520』というパソコン(グラボはGeForce 8600M GT)で

この動画のように快適に動作しているとの事。

調べてみたら、なんとノートパソコンでした。

ノートパソコンのようなスペックでも快適に動作出来るのはスバラスィですね。



CGトラッキング 関連記事 【3DCG】 Blur Studio所属に所属していた『Ian Joynar』氏のウェブサイト

【3DCG】 MUDBOXで作っちゃった 超ムチムチなバットマン

【3DCG】 Zbrushの参考書(2冊)をチラ見出来るサイト



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です