【話題】古代生物はこんなにデッカイ。変わった解説の図鑑が刊行。

ちょっと変わった古代生物図解、書籍『古生物のサイズが実感できる! リアルサイズ古生物図鑑 古生代編』が発売されます。
身近な風景に、古代生物のCGを合成した写真を掲載する事で、古代生物のスケール感を知る事が出来る内容になっています。

書籍『古生物のサイズが実感できる! リアルサイズ古生物図鑑 古生代編』について


以下、Amazonより引用


大人が楽しめる、超リアルなビジュアルブックの第一弾です。

古生物……その姿を見るだけでワクワク、ドキドキ。
古生物の図鑑は、眺めているだけでも楽しいものです。

しかし、こうした図鑑で忘れがちなのが「スケール感」。
古生物はすでに絶滅しているだけあって、大きさがいまいちピンとこないこと、多くありませんか。
もちろん「全長1m」「頭胴長3.5m」といった数字は記載されているのですが、数字だけではちょっとよくわからない……。

そこで、この「リアルサイズ古生物図鑑」です。
さまざまな時代のさまざまな古生物を、現代の(身近な)風景に配置してみました。
“一般的な図鑑”に登場するあの古生物が
「え、これこんなに大きかったの! ?」
「あらっ、イメージより全然小さい」
といった具合に、サイズ感を直感的につかんでもらえます。

もちろん、その古生物が実際に暮らしていたシーンも科学的に再現してあります。
さらに、古生物を「上面」「正面」「底面」「側面」といった角度から描いた三面図的復元図も掲載。
古生物の全体像を把握する資料としてもご活用いただけます。

古生物のサイズをめぐり、現代と古生代が交錯しながら展開するシュールな世界。
「あの古生物、こんなサイズだったの! ?」
そんな感覚をリアルに感じてもらえる、マニアックな1冊です。


オウムガイの一種らしいですが、ロンドンのバスと同程度。11mと聞いてパっとしないですが、こうやって比較されると、とんでもなく大きい貝だという事が分かります。こんなに大きくて、クジラのようにクネクネ出来無さそうなのに、よく海中を泳げるもんですね…。

太古の植物はこんなにも大きいようです。

このように、普通の図鑑にはない、変わった方面からの解説というのは面白いものですね。第一弾が古生代編という事と、現在Amazonベストセラー1位にもなっているので、次回作もあるかもしれません。

ご予約・ご注文はこちらから

Amazonのページに、計20点のサンプルが掲載されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です