【3DCG】 書籍 『3ds Max ビジュアライゼーション』が6月12日にリリース予定

  • Sumo


6月12日に、3dsMAXのmental rayを使用した、
建築系CG向けの参考書が発売されます。
紹介文の中には気になる項目が。
・mental rayのシェーダとマテリアルについての詳細説明とサンプル
・ライティングテクニックとレンダリング設定についての掘り下げた解説
・屋内/屋外シーンを効果的にレンダリングするためのマテリアルの準備
ボーンデジタルのサイトで内容をチラ見する事が出来ます。
Mayaって未だにこういうmental rayの
専門書って出てないですよね…。


CGトラッキング CG関連ニュース Maya2011でFluidへのライトアトリビュートが追加されたようです。

今までセルフシャドウはありましたが、色んなアトリビュートが追加されたんですね。
AEプラグイン『Trapcode Particular2』が発売
Particular2では、陰影機能や、ipodのCMのようなストリークのエフェクトに対応
レンダースピードの向上等、様々な新機能が追加されています。
スタジオジブリ『デジタルペイント社員募集のお知らせ 2010年』

本日のAmazon:
CGに関する書籍いろいろ

Adobe
CS5 特集



Mayaの
シェーディング
ネットワークを
活用したい方へ



CG・映像の為の
画像編集
テクニック集


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です