【3DCG】 MAXWELLRENDER 1.5 リリース予告

高品質レンダリングソフトMAXWELLRENDER 1.5のリリース予告がありました。

Upcoming release of Maxwell Render 1.5 [maxwellrender.com]

リリースは5月中旬を予定。
レンダリングエンジンの主要部分が改良されています。

メモリの効率化も大きく改善し、
品質を損なわずに、2GBのメモリで8000×6000ピクセルといった
高い解像度でレンダリングする事が出来るそうです。

Maxwell Material Editorも書き直され、
ユーザビリティにおけるかなりの改良がなされました。

その他、32bitのHDR画像出力対応、Linuxに対応、
ネットワークレンダリングの効率化等されているようです。

残念ながらレンダリング時間が
大きく短縮されたという内容は見当たりませんでした…。

現在のMAXWELLRENDERは簡単に写実的な表現が可能です。
しかし、レンダリング時間
レンダーレイヤーの使い勝手ネックな部分があります。

そのネックな部分が改良されていけば、
業務でも十分に通用するレンダラーになると思います。

CGトラッキング 関連リンク
MAXWELLRENDER(英語公式サイト)
MAXWELLRENDER(日本語公式サイト)

CGトラッキング 関連記事
小生がCGでフェアレディーZを制作した時に、
MAXWELLRENDERを使ってレンダリングしました。
ライティングは非常に単純。2つの光源を置いただけ。

タイヤのCG

ワイパー

フェアレディーZのロゴ

-Amazon広告-
レンダラーの賢い選び方・使い方特集
CG WORLD (シージー ワールド) 2007年 05月号 [雑誌]
CG WORLD (シージー ワールド) 2007年 05月号 [雑誌]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です