修復する目玉焼き、喋る柴犬。VFXメイキング映像あり。HondaのCM『Honda Dream Run』

150218_honda_dream_run_05

海外のHondaのCMです。
一見そんなにVFXが使われていないようなCMです。
しかし、メイキング映像を見ると、色んな所で使われていました。

まずはスクリーンショット

150218_honda_dream_run_01

隣の女性の髪の毛がゆっくりとなびいています。
それを不思議そうに見る主人公の男性。

150218_honda_dream_run_02

ふと自分の目玉焼きを見ると、切れていた状態から
徐々にくっついて元に戻ろうとしています。

150218_honda_dream_run_03

警官っぽい人らに追いかけられる。

150218_honda_dream_run_04

逃げる男性。すると持っていた本が一瞬にしてハンドルに。

150218_honda_dream_run_05

どこからともなく、車体が徐々に出てきました。

150218_honda_dream_run_06

助手席には喋る柴犬が!

CM本編はこちら

Honda Dream Run

面白いですねぇ。
どんな世界かと思えば、夢落ちだったとは。

どうやって撮影、制作されたのか気になるわけですが、
次にメイキング映像をご紹介。

CMのVFXメイキング映像がこちら

150218_honda_dream_run_vfx_01

この1カットは2つの映像を合成しています。
髪の毛がなびく女性(上)と振り向く男性(下)を同じアングルで撮影し、
これらを合成しています。
女性の髪の毛は送風機やワイヤーで動いていたんですね。

150218_honda_dream_run_vfx_02

くっつく目玉焼き。
針金を使って目玉焼きを徐々に割る。
その映像を逆再生して針金を消去したようです。

150218_honda_dream_run_vfx_03

車が登場するシーン。
ハンドルと車体はさすがにCG。
最初に持っていた本は画面左上から釣竿のように引っ張って
瞬時に消した感じでしょうか。

150218_honda_dream_run_vfx_04

車に乗った所。CGが無い状態だと椅子とハンドルがあるだけ。
後ろにアルパカが3匹もいたなんて!

150218_honda_dream_run_vfx_05

喋る犬は口だけCG。

150218_honda_dream_run_vfx_06

高架道路はCGだったのか…。


ホンダの歴史を振り返るCM『Hands』も面白い映像なので、
ご覧になっていない方はこちらもどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です