制作時間は60時間!海外のドラゴンボールファンがZBrushで登場キャラクターを制作

150506_zbrush_dragon_ball

ドラゴンボールに登場するキャラクター達をZBrushで作った海外のファンアートです。

こちらは回転して見せた動画です

結構いい再現度ですね。ワンちゃんまで。

David Puertas氏による3DCG作品。David Puertas氏は鳥山明氏と幼児期の大好きな漫画の為にドラゴンボールを3D化したとの事。制作には60時間が費やされ、モデルは簡単な3Dの球体とDynameshからスタート。

外国の方に日本の物が愛されているんだなぁと思うと何だかうれしいですね!

情報元


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です