結構頑張ってる?ウガンダ産、超低予算アクション映画「ウガンダ・エクスペンダブルズ」予告編

160322_ugandan

ウガンダの超低予算アクション映画「ウガンダ・エクスペンダブルズ」の予告編です。
CG合成なんかも使われているわけですが、なんとも言えないクオリティー。
しかし、ついつい見てしまいます。

Operation Kakongoliro! The Ugandan Expendables

冒頭は生身のアクションシーンですが、後半からちょいちょいCGが使われたシーンが登場します。

車がバックしてるシーン(1:15~)は驚愕でしたが、色々頑張っている模様。

監督はウガンダを拠点にしているラーモン・フィルム・プロダクションのアイザック・ナブワナ氏。同氏が手掛けた過去作『Who Killed Captain Alex』の製作費は200ドルという低予算ですが、Youtubeで44万という再生数を誇ります。
物価が低いウガンダではYoutubeでの広告収入は大きいのか、こうやって一発当てるとかなりの収入になるかもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です