Zbrush4R2bでレンダリングされた作品がやばい。Zbrush4R2bのリリース時期も発表。

ちょっと前に投稿された作品ですが、クオリティー高いので、ご紹介。
翻訳に時間が掛かってしまった…。

Zbrush4R2bでレンダリングされたらしい作品が、
ZbrushCentralにアップされました。

Zbrush4R2bでレンダリングされた作品がやばい。Zbrush4R2bのリリース時期も発表。

以下、へっぽこ翻訳に掛けてみました。
翻訳結果の信憑性は薄いです。

Zbrush4R2bで、新しいグローバルシャドウと
アンビエント・オクルージョン・マルチプライアーが、
BPRレンダラーへ加えられました。

これで、簡単に個別に各シェーダーを訪問する事なく、
これら2つのスライダーを修正することで、
シャドウとアンビエント・オクルージョンの異なる強さをテストすることができます。
Zbrush4R2bでは、アンビエント、ディフューズおよびスペキュラ強度のための
同じようなグローバルマルチプライヤもあります。

これらは、その周囲、拡散または鏡面反射の値を調整するために
各シェーダを訪問することなく、
再びグローバルプロパティを調整することができます。

これらの機能は、ZBrushに新しい機能を導入していない。
それらは単にZBrushの機能を合理化することを目的とします。

しかし、Zbrush4R2で現在利用できない機能を
追加するいくつかの新機能が存 ​​在します。

例えば、マテリアル・ミキサーに、シェーダーの不透明度がくぼみによって
コントロール出来るようにする新しいフィルタが加わっています。

ZBrushの以前のバージョンでは、cavity shadingはMatCapsだけで利用できました。
Z4R2bで、すべてのシェーダは、cavity shadingを利用することができます。
また、ZBrushの他の部分の機能強化が存在します。

ZBrush4 R2bは、すべての登録ユーザーへの無料アップグレードとして
12月末内にリリースされる予定です。

色々シェーダーを重ねてるっぽいですが、わけが分かりません…。

以下、字幕が出てた所だけキャプって静止画にしてみました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です