ZBrushでCGキャラクターの素体生成が出来る!低価格ツール『Human ZBuilder for Zbrush』。インストール方法も解説

161019_zbrush_sotai_01

ZBrushでCGキャラクターの素体生成が出来る、低価格ツール『Human ZBuilder for Zbrush』のご紹介です。
ツールのインストール方法も解説してあります。

Human ZBuilder for Zbrushはどんな事が出来るのか

『Human ZBuilder for Zbrush』とはZBrush内で簡単にCGキャラクターの素体を生成する事が出来るツールです。

『Human ZBuilder for Zbrush』で専用のキャラクターをロードし、パラメーターを調整すれば、老若男女で体型が様々なキャラクター生成する事が出来ます。

『Human ZBuilder for Zbrush』はこういった方に向ているかと思います。

  • キャラクターを作りたいけど、ZBrush以外にCGソフトは持っていない。
  • サクッと作品を作り始めたいので、キャラクターデータが欲しい
  • 統一されたメッシュで老若男女の素体が欲しい。できればチンパンジーも。

『Human ZBuilder for Zbrush』では例えばこんなキャラクターが生成出来ます

専用キャラクターをロードした状態。やや女性っぽいですが…
161019_zbrush_sotai_03

パラメーターを変えると、男性にもなります。
161019_zbrush_sotai_04

子供にもなります。
161019_zbrush_sotai_05

老人にもなります。
161019_zbrush_sotai_06

なんかヤバい位ガチムチな人も作れます。
161019_zbrush_sotai_07

ダークソウルとかに出てきそうなキャラクターも作れます。
161019_zbrush_sotai_08

なんとチンパンジーにも変形出来ます!
161019_zbrush_sotai_09

テクスチャーも付いており、パラメータを調整する事で色味も変わるようになっています。
161019_zbrush_sotai_10

ランダムで様々な体型を生成する事も出来ます。
161019_zbrush_sotai_02

Human ZBuilder for Zbrushの紹介動画はこちら

Human ZBuilder for Zbrush

何だか、オンラインゲームのキャラクター作成画面のようですね。

『Human ZBuilder for Zbrush』の特徴

  • 対応ソフトはZBrush 4R7 64bit以降。ZBrushGoで使えるかは分かりません。
  • 商用、非商用問わず、このツールを使用する事が出来ます。
  • 10色のカラーブレンドレイヤー付き
  • クローズアップレンダリング、アニメーション等に適したモデルです。
  • 身体、顔等を調整する為の50のモーフターゲット。
  • SSS(サブサーフェイス・スキャタリング)
  • BPR(ZBrush内の標準レンダラー)のためのLIGHT / RENDER / SSS / AOの設定。
  • その他、動画から見てわかる事ですが、キャラクターのポリゴンの分割数も変更出来るようです。
    UVやポリゴンのトポロジーがどうなっているかは気になる所ですね。

    ZBuilderのインストール方法

    ダウンロードした圧縮ファイルを解凍すると、『ZBuilderフォルダ』、『ZStartupフォルダ』、『-INSTRUCTIONS-.txt』が入っています。その内の『ZBuilderフォルダ』、『ZStartupフォルダ』をC:\Program Files (x86)\Pixologic\ZBrush 4R7にコピー。
    161109_zbuilder_01

    ZBrushを起動してPreferences → Load Ui から コピーしたZBuilderフォルダ内の『Human_ZBuilder_interface.cfg』ファイルを選択。
    161109_zbuilder_02

    HumanZbuilder専用のUIが出来るので、『OPEN ZBBuild』から『Human_ZBuilder_scene.ZPR』を選択して下さい。これでキャラクターが読めます。
    161109_zbuilder_04

    この状態だと、HumanZbuilderにパラメータが出てこず体型調整が出来ません。下の画像のように、SETTINGSの辺りを掴んで上下に揺らしてみて下さい。何故かパラメータが表示されます。あとはHumanZbuilderのボタンを弄って体型を調整して下さい。
    161109_zbuilder_05

    2016年10月19日追記:価格改定され29ドルで販売されています

    『Human ZBuilder for Zbrush』の本家サイトでは250ドルで販売していますが、Gumroadでの販売価格は29ドルとなっています。この点について、@ienaga045さんが本家に確認して下さいました。結論から言うと、価格改定されて29ドルとなったとの事。この価格改定は、悲しい事に『Human ZBuilder for Zbrush』の違法アップロードが起きている為、ディスカウントする事になったそうです。

    という事で安心して購入すべし!
    @ienaga045さんありがとうございました!

    モデルの出来もなかなか良く、これだけの機能があって、『Human ZBuilder for Zbrush』の価格は29ドル。結構お得感がある気がします。



    『Human ZBuilder for Zbrush』の購入はこちらから


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です