話題の女子高生CG『Saya』の制作舞台裏に迫る!『CG WORLD Vol.221』

161207_cgworld_01

CG情報雑誌『CG WORLD Vol.221』の詳細情報を頂きました。特集として、話題の女子高生CG『Saya』の制作舞台裏や映画『海賊とよばれた男』のメイキング記事が掲載されています。

CGWORLD (シージーワールド) 2017年 01月号 vol.221 (特集:『Saya』ver.2016、映画『海賊とよばれた男』)CGWORLD (シージーワールド) 2017年 01月号 vol.221 (特集:『Saya』ver.2016、映画『海賊とよばれた男』)

ボーンデジタル 2016-12-10

Amazonで詳しく見る

CG WORLD Vol.221の中身

昨年10月の鮮烈なデビューから、国内外の3DCG制作者はもとより一般社会からも大きな注目をあつめる『Saya(サヤ)』。日本人の女子高生という、ありそうでなかったモチーフを、不気味の谷を軽やかに超えたCGキャラクターである。先日ついに動く姿が公開された『Saya』プロジェクトの最新動向を追った。

▼第⼀特集目次

Introduction バーチャルヒューマンプロジェクト『Saya』とは?
History 『Saya』生みの親、TELYUKAが⽬指すもの
Setup Sayaを動かすために。
Performance Capture ⽣命の息吹をふきこむ〜パフォーマンスキャプチャ〜
Workflow “まるでそこにいるかのような”Sayaを求めて
Rendering 8Kという怪物との戦い〜レンダリング〜
Consideration 彼⼥に待ち受ける、未来とは?

161207_cgworld_02
161207_cgworld_03
161207_cgworld_04

第2特集映画『海賊とよばれた男』

2016年を締めくくるVFX⼤作映画『海賊とよばれた男』が12月10日(土)に公開された。VFX制作では、徹底した時代考証映画『ALWAYS 三丁⽬の夕日』シリーズで経験を積んだミニチュア制作映画『永遠の0』(2013)で⾒出したターゲット船を⽤いた海上撮影映画『寄⽣獣』(2014、2015)で探求した肌の表現などこれまで⽩組調布スタジオが培ってきた様々な技術や叡智が注ぎ込まれている。本特集では山崎貴監督をはじめ中核スタッフへの取材を通して本作における妥協なきこだわりや挑戦に迫る。
161207_cgworld_05
161207_cgworld_06

その他のコンテンツ

<短期連載>
『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』第2回


CGプロダクション制作環境⼀⻫調査
コロプラ流エフェクト制作テクニック


NHKスペシャル&『ダーウィンが来た!』
8K/HDRオリジナル作品『LUNA』
CGWORLD 2016 クリエイティブカンファレンス


Game Graphics Studio
アニメCGの現場
VFXアナトミー
デジタル造形ノート
ModelingCafeコンセプトモデリング講座
JET STUDIO Effect Lab.
Houdini Cook Book
画龍点晴
Motion Sack of Stunt Man
アニメーションスタイル
Open Up!
161207_cgworld_07
161207_cgworld_08
161207_cgworld_09
161207_cgworld_10
161207_cgworld_11


ご予約・お求めはこちらから

CGWORLD (シージーワールド) 2017年 01月号 vol.221 (特集:『Saya』ver.2016、映画『海賊とよばれた男』)CGWORLD (シージーワールド) 2017年 01月号 vol.221 (特集:『Saya』ver.2016、映画『海賊とよばれた男』)

ボーンデジタル 2016-12-10

Amazonで詳しく見る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です