有名ハリウッド映画流、CGモデリングと階層構造

映画『スターウォーズ』シリーズや『トランスフォーマー』、『パイレーツオブカリビアン』といった有名映画のメカモデリングを担当された、Andrew Hodgson氏。彼が映画のCGアセットのモデリング例として、CGモデルのポリゴンメッシュやUVの配置。階層構造まで分かる画像を公開。
モデリングの参考になるような一例がギュッと詰まっています。

メッシュについてもこんなに綺麗。ポリゴンは基本的に四角形で構成されているようです。

UVについてもこんなに綺麗に。

見にくい部分についてもちゃんとUVが切られています。

オブジェクトの階層構造について何か書かれています。

機械翻訳をして、一部意味が分かる部分のみ翻訳文の再編集を行いました。

階層構造についての解説内容

  • 階層構造の例 – スタジオによって変更されます。
  • 全体のアセット名グループにはすべてが保持されます。
  • 全てのアセットは、左、右、または中央のグループに分割されます。
  • すべてのグループとジオメトリは、その側のプレフィックスが同じになります。
  • グループまたはジオメトリが記述されているテキスト。(詳細不明…)
  • 名前はキャメルケースとアンダーバーで構成。キャメルケースとは先頭が小文字で次に続く単語の1文字目がを大文字で書くこと。(例:appleJuice,carBody等)。スペースは使用しない。
    通常はキャメルケースを使用し、アンダーバーの次に材質を示す文字、または番号で区切って明示します。
  • アセット全体に重複する名前は1つではなく、これは、名前が数字で分かりやすい理由です。(詳細不明…)
  • 通常は金属の場合はM、ガラスの場合はGのようなベース材質が含まれます。
  • あなたの資産階層をきれいに整理し、見やすくすることができます。1つのグループに何百ものジオメトリがありません。

作品ページのコメントに返答にも注目

このAndrew Hodgson氏の作品に対して、コメント欄に数多くの質問が寄せられています。
例えば、こんな質問が。

  • スタジオで働きたい場合は、アウトライナー階層やUVマップのような要素を持つポートフォリオを提示することは適切でしょうか。
  • あなたはカスタムショートカットや多くのマーキングメニューを使用していますか。

等、これらの質問に対し、Andrew Hodgson氏が解凍されています。機械翻訳を通しても意味が分からない部分が多かった為、回答の翻訳掲載は控えておきます。

更に知りたい方は下記のリンクからどうぞ

Andrew Hodgson氏はCGパーツも販売

Andrew Hodgson氏はメカのCGモデリングに使えそうなCGパーツを販売。29カナダドルと有料ではありますが、UVカット済みでパーツの数は非常に大量です。メカモデリングの際には大いに役に立つかと思います。

Andrew Hodgson氏制作もCGメカパーツのご購入はこちら

PLAY ARTS改 FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN クラウド・ストライフ&フェンリル PVC製 塗装済み可動フィギュア


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です