CG舞台裏。映画『メイズ・ランナー: 最期の迷宮』

今も公開中の映画『メイズ・ランナー: 最期の迷宮』。CG舞台裏とも言えるメイキング映像が公開されました。

Maze Runner: The Death Cure – Weta Digital VFX Overview

左がCG合成後。右が合成前。

この勢いよくバギーが走るシーンも、実際は静止したままだった模様。

この兵士以外の背景全てCGに置き換わっています。当然ではありますが、兵士が落とす影もちゃんと作っています。

近未来的なビル。一瞬しか見えないような室内ですらちゃんと作ってあります。

このCGを手掛けたのはWETAデジタル。メイキングが公開される度に驚かされます。

WETAデジタルについて

WETAデジタルは世界有数のCGプロダクション。ロードオブザリング、ホビット、アバターといった誰もが知る作品の大掛かりなCGを手掛けています。
『ワイルド・スピード SKY Mission』ではクランクアップ前に交通事故亡くなった、メインキャストのポール・ウォーカー氏を見事CGで再現し、本作を完成させた経歴もあります。

クランクアップ前に亡くなったポール・ウォーカーの遺作『ワイルド・スピード SKY Mission』。未撮影分はこうして作られた。

2017.07.04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です