11歳が描いた絵!?鉛筆だけで描かれた、ハイパーリアルアート。

Meet the 11-year-old creating hyper-real art – BBC News

この絵を描いたのは、ワリス君という若いナイジェリアのアーティスト。11歳という若さ。
ミケランジェロや、超リアルな絵を描くアリンズ・スタンリーを敬愛し、作品を描き続けています。

ワリス君は6歳のころから絵を描き始めたそうです。
以前はアニメ、漫画、新聞、友達のイラストを描き、今となってはハイパーリアルアートを描くほどの腕前に。

食事をしている絵は彼の現時点の最高傑作で、絵のタイトルは『Daily Bread(日々の糧)』。
この絵では汗と涙を表現しています。
彼らが食事をする為に、懸命に働いている家族を想って描いたそうです。

11歳なのにしっかりしている…。
小生が11歳の時なんか、ゲームで遊ぶ事しか考えてなかったす…。

彼は既に描いた絵を売り、家計を支えているそうです。背負うものがあると考えもしっかりする訳です。

右脳をトレーニングする絵の上達方法

恐らくですが、CGトラッキングをご覧頂いている、ほとんどの方が、
絵が上達出来ればいいな~』と思われているかと思います。

CGトラッキングでも絵の上達方法の一つとして、右脳を鍛える方法をご紹介しました。

それは右脳を鍛えて絵を上達させる為の『脳の右側で描けワークブック』というトレーニング本を使う方法。
『脳の右側で描けワークブック』は右脳を鍛える全40課題掲載されているわけですが、それを全てこなした方の絵が本当に上達しています。

絵を上達させたい方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です