3DCGの背景制作で便利そうなMaya用ツール『Spore』。無料公開

まだプロトタイプとの事ですが、3DCGの背景制作で便利そうなSporeというツールが無料公開されています。
尚、このSporeは3DCGソフトMaya用のツールとなっています。

Maya用ツールSporeについてざっくり説明

Maya用ツールSporeとは、紹介動画を見た感じ、地面の上に木を大量に配置といった、作業が簡単に出来るツールのようです。
同様の手法はMayaのペイントエフェクト、Xgen、MASH等の標準ツールで行う事が出来ますが、Sporeの登場によって選択肢がもう一つ増えた事になります。

  • 植物が生い茂った3DCGの背景の効率のいい作り方を知りたい。
  • 3DCGの背景制作で直感的に植物や岩をレイアウトしたい。

という方には良さそうなツールだと思います。

Sporeを使用している様子を簡単に解説致します。

Mayaのシーンデータの中に、クレーターのような地面と数タイプの植物があります。

Sporeの設定の中でEmitボタンを押すと、地面に大量のヤシの木が配置されました。
恐らく、地面にランダムにパーティクルと言われる粒子を発生させ、その一粒一粒の箇所に、ヤシの木を配置しているのもかと思われます。

地面をブラシでなぞれば、その部分だけ、ヤシの木が消えました。

また、ボタンを切り替え、再度地面をなぞれば、その部分にヤシの木が発生。

ヤシの木だけでなく、こうやって他の植物を配置する事で、簡単且つ直感的に植物が生い茂った背景を作成する事が出来ます。
このデモ映像では植物のモデルデータを使った解説でしたが、岩のモデルデータを使う等すれば、荒野を作るといった事も簡単かと思います。



Sporeを使用している動画

Spore – scattering objects in Maya

Sporeの入手方法

GitHubからツールをダウンロードする事が出来ます。

インストール方法については、GitHubのページには記載されていますが、まだプロトタイプだけあって、ちょっとややこしい為、小生は分かりませんでした…。
このSporeに興味のある方はインストールに挑戦されてみては如何でしょうか。

背景CGの参考はこちらも

植物が生い茂った3DCGの背景の作り方。ざっくりとした日本語解説もあるでよ。

2013.11.21
過去にご紹介した植物が生い茂った背景CGを解説した記事です。
便利なツールもご紹介しているので、3DCGの背景制作の効率化を求めたい方等はこちらもご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です