群衆を作成するツール『Atoms Crowd 2』。対応ソフトはMaya、Houdiniなど

Atoms Crowdとは

Maya等の3DCGソフト上で群衆を作成する為のツールです。
Atoms CrowdはMPCとFramestoreで群衆ツール開発者が作成し、2017年にリリースされました。

Maya、Houdini、Katanaと統合するだけでなく、Arnold、RenderMan、V-Rayレンダラ、FBXやAlemmbicのファイル形式に基づいたワークフローもサポートしています。

Atoms Crowd 2紹介動画

Atoms Crowd 2 – Features Sneak Peek





Atoms Crowd 2の主な機能説明

Xgenを使って髪の毛を生やしたキャラクターもエージェント化する事が出来るようです。

Clothを使うことだって出来ます。リッチな揺れ物の群衆が可能になる訳ですね。

LODを使って、遠いエージェントはローポリ化する事も出来るようです。

ライティングソフトKatana3もサポート。

こんなに大群でも、Mayaでのレンダリングもかなり早いです。

Agent Helper Toolを使えば、エージェントの動きの差し替えだって簡単。

Alembic形式も読み込めるので、他ソフトかで作ったオブジェクトデータも読み込めるようです。

Kill モジュールは、指定した範囲に入ったエージェントは消す事も出来ます。これにより、処理負担の軽減も可能かもしれません。

Follow Agent モジュールはあるエージェントがある程度近づいたら付いていくという機能のようです。




Atoms Crowd 2の価格と公開時期

Atoms Crowdはレンダタル専用ライセンスで 1ライセンスにつき、450ドル/月となるようです。
但し、非営利目的で使用する為の、昨日制限付きの無料PLE版もあるとの事。
このソフトはSiggraph 2018で公開される予定との事です。

Atoms Crowd 2の詳細


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です