UnrealEngineでOctaneRenderでレンダリング可能に。Unity版は既にあるでよ

OctaneRenderを開発するOTOYがUnrealEngineでもOctaneRenderのレンダリング可能になる事を発表しました。
OTOYのFacebookページにもOctaneRender® 2019 for UnrealEngineの紹介記事が掲載されていた為、機械翻訳になりますが引用致します。

OctaneRender® 2019 for UnrealEngine 4について

そもそもOctaneRenderって?

OctaneRenderとはGPUを使ってレンダリングするレンダラーソフトの事です。
2018年3月に発表されたOctaneRender 4ではフリーのライセンスも用意され無料で利用する事が可能になりました。

OctaneRender® 2019 for UnrealEngine 4の特徴

OTOYとEpic、OctaneRender® 2019 for UnrealEngineを発表

SIGGRAPH 2018にて、OTOYとEpic Gamesが、OctaneRender 2019のUnrealEngine 4との統合のプレビューを発表。Unreal Engineで動くゲーム、映画、VFX、アーチへのAI加速GPUパストレースとライトフィールドベーキングを実現するように設計されています。

2019年前半のリリース予定で、20GPU、ネットワークレンダリング、20以上のDCC統合にアクセスできるOctaneRenderの20ドル/月ベースラインサブスクリプションの一部として含まれます。
OTOYは8月にプライベートベータを開始し、2018年4Qの終わりに向けてパブリックベータ版をリリースする予定です。

主な特徴

  • Unreal Engineのシーンや素材をOctaneRenderへ素早く自動変換し、OctaneRender機能をOctane 2019.1と完全に統合します
  • リアルタイムパストレースゲーム用のブリゲードエンジンシーングラフ(OctaneRender 4で導入)、Unreal Engineを搭載したインタラクティブコンテンツ
  • AIライト、AIシーン、AIスペクトル、ボリュームデノイジング、アウトオブコアジオメトリ、UDIMサポート、ライトリンクなど、プロダクション対応の最終レンダリング
  • Octane VectronとSpectron – 完全な手続き型ノードベースの体積幾何学と照明により、無限の詳細と細かい照明制御(Octane 2018で導入)
  • OTOYのORBXシーンフォーマットを使用することで、現在のインテグレーションは、Cinema4D、Autodesk Maya、3DS Maxなど、業界をリードする20種類以上のDCCツールをサポートしており、アーティストが好みのオーサリングツールからシーンを簡単にドラッグアンドドロップし、完全に反応するライブビューポートのエンジンコンテンツ。
  • OctaneRender 2019は、OTOYのクロスプラットフォームRNDRフレームワークで構築された、NVIDIA RTXレイトレーシング、Vulkan、DXR、CUDA、およびメタルiOS / Mac OSバックエンドの最初のルック最適化サポートです。AI Viewport:アップスケール、AIスタイルフィルタ、ライトフィールド、次世代ボリュームディスプレイやHMD用のホログラフィック出力を含む複合現実感メディア。

OTOYのEpic Gamesとのコラボレーションにより、OTOYのLightStage反射率フィールドフェイシャルスキャン技術を導入した、すべてのUnreal EngineデベロッパーにParagon資産をリリースするなど、ゲームキャラクターにとって新しいレベルのフォトリアルライズを実現しました。

OctaneRender 2019をUnreal Engineに統合することで、開発者はRNDR Blockchain Distributed GPUエコシステム上に構築されたOTOYのエンドツーエンドホログラフィック複合現実パイプラインのポータルとして機能するRNDR SDKにアクセスできます。

OctaneRender® 2019 for UnrealEngineのその他のスクリーンショット

アバターのような世界観の背景。個人的にはOctaneRenderじゃない方(右側)の方が好きかも…。

OctaneRenderの絵(左側)壁等に反射した光や色がちゃんと計算されている為か、よりリアルに見えています。

煙のレンダリングもこの通り。

OctaneRender® 2019 for UnrealEngineについて詳細はこちら

OctaneRender for Unity版は既にあるよ

OctaneRenderのUnity版は既にリリースされています。
ラインアップは3種類用意されており、
無料のOctaneRender Prime for Unity、
20ドル/月のOctaneRender Studio for Unity、
60ドル/月のOctaneRender Creator for Unity
があります。
Unity自体もライセンスによっては無料なわけで、OctaneRenderも無料で使えちゃう訳です。気になる方は試してみるべし。

OctaneRender for Unity版について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です