WeatherChannelで分かりやすく解説された、アメリカを襲った台風フローレンスの被害予想CG

2018年9月14日にアメリカに上陸した、台風フローレンス。
その上陸前に海外のお天気番組『WeatherChannel』で紹介された、フローレンスの被害予想CG映像です。

『WeatherChannel』で紹介された、フローレンスの被害予想CG映像


住宅街のCG。このCGはリアルタイムに描かれています。

徐々に水面が上がってきました。

ついに女性の身長も超える高さに。

さらに女性の身長の倍の高さにまで上昇。

水面の上昇だけでなく、重いはずの車が持ち上がったり、木々が激しく揺れる様子等をこうやって見せられると、危険という事がすぐに伝わりますね。

実際はこういう被害に

被害写真を見ると、被害予想CGも結構当たっているように思います。

国内、国外でも自然災害が激しいですが、1日も早い復旧をお祈りしております。

WeaterChannelは過去にこんな解説も

WeaterChannelでは竜巻の脅威を伝える内容を放映しており、CGの車が降ってくるといった演出があり、その被害がどれほどの物なのかが分かりやすいです。

海外のお天気番組はスケールが違う。竜巻の脅威を伝える中、CGの車が降ってくる。

2018.06.22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です