1枚の画像からテクスチャー生成!無料ソフト『Materialize』

Materializeは画像1枚から、HightMap、NormalMap、DiffuseMap、AOMapなどのテクスチャー素材を出力するツールです。
フリーソフトでありながら、結構使えるとは思うので、ぜひ皆さんも試されてみてください。

Materializeの使い方

Materializeの使い方をざっくり説明いたします。

まずはテクスチャーをダウンロード

テクスチャーはtextures.comからダウンロードしました。
textures.comはアカウントを作れば、無料で数枚ダウンロードする事が出来ます。
すでにテクスチャーをお持ちであれば、この工程は必要ありません。

Materializeをダウンロード

Materializeの公式ページのDownloadsボタンからWindows64bit版のMaterializeをダウンロード。

Materializeはインストールの必要はありません。
起動時に『Windows Defender SmartScreen』が立ち上がりますが、『詳細情報』を押し、出てきた『実行』ボタンでMaterializeを起動する事が出来ます。

Materializeを起動出来ました。

テクスチャーデータを開きます。Diffuseの欄の『O』ボタンを押します。ちなみに『P』を押すと、クリップボードにある画像が張り付けられます。

テクスチャーが読み込めなかったら
テクスチャーファイルまでのパスに全角文字が入っていたら、読み込む事が出来ません。
半角英数字のパスにテクスチャーを置くようにしましょう。
こんなウィンドウが出てきたら
画像読み込み時に、『.NET Framework 3.5(.NET 2.0 および 3.0)を含む』の機能が必要ですと出た場合、『この機能をダウンロードしてインストールする』を選択しましょう。
小生はこちらで問題なく画像を読み込めました。

もし上記のウィンドウが表示されなかったら、MaterializeのDownloadsページのStep2にあった『Microsoft Visual C++ Redistributable』をダウンロードし、インストールしましょう。

テクスチャーが読み込めました。

まずはHightMapを生成してみましょう。HightMapはプリレンダーだと、DisplacementMapとして使う事があります。

パラメーターを調整し、『Set as Hight Map』を押してHightMapを生成します。
プリセット化されたパラメーターがあり、『Frequency Weight Equalizer』、『Frequency Contrast Equalizer』のどちらもDefaultを使用しています。

他のテクスチャーもデフォルトのパラメーターに設定しても、これだけ立体感があるテクスチャーが生成されます。
今回使用したテクスチャーは金属ではないので、MetallicMapは黒にしています。

各テクスチャーの用途をVRayの場合を例に紹介します。多分こんな感じ。

HightMapDisplacementMapとして使用。
DiffuseMapColorMapとして使用。
NormalMapNormalMapとして使用。
カラーマネジメントはsRGBじゃなくて、RAWにすべし。
MetallicMapVRayには使えないかも?金属である部分を示すテクスチャーです。マップが白い程、金属として表示されます。
SmoothnessMapReflectionMap兼、GlossinessMap的なもの。白に近いと反射がシャープになります。
EdgeMapようわからん。角を汚す的な?
AOMapAmbientOcclusionMap。ただし、シェーダーに繋ぐかどうかは好み次第。




Materializeの紹介動画はこちら

Materialize – Sewer Cover


同様のツールはCrazyBumpというソフトが有名でしたが、同じ機能で無料という事で、Materializeに取って代わるかもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です