V-RayクオリティーをUnreal Engine4で!『V-Ray for Unreal』正式リリース

2018年11月8日V-Rayを開発するChaosGroupが『V-Ray for Unreal』正式リリースしました。

V-Ray for Unrealの紹介動画

V-Ray for Unreal – Now available

スクリーンショット

こちらはCGソフト3dsMaxの画面。3dsMaxからVRの独自形式『.vrscene』ファイルをエクスポート。
『.vrscene』はモデルデータ、マテリアル情報などを一括にまとめたV-Ray専用のデータ形式。
このデータ形式であれば、他のCGソフトに移行する事が出来ます。

Unreal Engine4での画面です。『.vrscene』ファイルのインポート。
3dsMaxで表示されていたモデルがUnreal Engine4でも表示されています。

V-rayを使った色、ライト、影をテクスチャーに焼き込む事が出来ます。
こうすることで、ライト、影の計算負荷が減り、UE4の処理スピードをアップする事が出来ます。
この手法は一般的なCG制作においてもしばしば活用されます。

V-rayクオリティーの世界でUnreal Engine4で歩き回ることが出来ます。

『V-Ray for Unreal』の概要と特徴

機械翻訳になりますが、『V-Ray for Unreal』の概要と特徴等を公式ページより引用します。

『V-Ray for Unreal』の概要

  • 慣れているワークフローを使用する
    V-RayシーンをUnrealに持っていくことは簡単です。

    3ds Max、Maya、およびSketchUpでV-Rayを使用するのと同じようにシーンを作成します。

    次に、ホストアプリケーションからV-Rayシーンをエクスポートし、V-Ray for Unrealを使用してインポートします。

    ゲームエンジンのエキスパートになる必要はありません。

  • マテリアルとライトのスマートな移行
    シーンを読み込むと、V-Ray for Unrealは素材やライトをUEワークフローのリアルタイム相当物に自動的に変換します。

    同時に、3ds Max、Maya、およびSketchUp用のV-Rayのオリジナル素材はリアルタイムバージョンに接続したままで、レンダリングの準備ができたら呼び出されます。

  • 直接的な光からの直接的なレンダリング
    V-Ray for Unrealでレンダリングすると、V-Rayが知っているのとまったく同じフォトリアリスティックな品質が得られます。

    V-Rayは、超高速レイトレーシングのためにGPUとCPUの完全なパワーを活用します。

  • バーチャルリアリティへのあなたのゲートウェイ
    V-Rayシーンをインポートすると、Unreal EditorのVR機能をフルに活用する準備が整います。

    V-Ray for Unrealは、高品質で没入感のあるVRを素早く簡単に作成できます。

  • 素晴らしい現実の時間を見る、素晴らしい見所のレンダリング
    V-Ray for Unrealを使用して、単一の共有ワークフローから、すばらしいリアルタイムのエクスペリエンスとレイトレーシングレンダリングをすべて構築できます。

『V-Ray for Unreal』の特徴

  • 物理的な材料と翻訳
    V-Ray素材をUnreal素材に近似するよう自動的に変換します。レンダリング時にはオリジナルのV-Ray素材が使用されます。
  • V-RAYライトベーキング
    最高品質のリアルタイム照明を実現するために、V-Rayでレイトレーシングの照明を焼きます。

    静的オブジェクトをサポートします。

  • 正確な照明
    物理的に正確な、レイトレースされたV-Rayのライティングを使用して、Unrealシーンをレンダリングします。
  • グローバルイルミネーション
    V-RayのBruteフォースと独自のLightキャッシュグローバルイルミネーションを使用して、リアルなバウンスライトをレンダリングします。
  • GPU + CPUレンダリング
    CPU、NVIDIA GPU、またはその両方の組み合わせをサポートして、すべてのハードウェアをレンダリングします。
  • アニメーションのレンダリング
    Unreal Sequence Editorのシーケンスをレンダリングして、V-Ray品質のレイトレースアニメーションシネマティクスを作成します。

    変形オブジェクトをレンダリングするには、アニメーション化されたV-Rayプロキシオブジェクトを使用します。

  • ディストリビューテッドレンダリング
    レンダリングと軽量ベーキングを高速化するために、複数のマシンが連携して機能します。
  • レンダリング要素
    合成の制御を向上させるために、さまざまなレンダリング要素をサポートしています。
  • V-RAYプロキシサポート
    メモリ効率の良いV-Rayプロキシオブジェクトを使用して、レンダリング時に高解像度のアセットをロードします。
  • ユニークな写真のサポート
    大規模な環境や風景をレンダリングするためのUnrealのネイティブの葉システムと互換性があります。

    現在、静的な葉をサポートしています。

近日公開予定の機能

  • UNREALの素材をレンダーする
    V-Rayを使用して幅広いネイティブUnreal素材をレンダリングします。
  • Substanceサポート
    Substance Designerのテクスチャを含む素材をレンダリングします。
  • UEビューポートレンダリング
    Unrealビューポートで直接レンダリングします。
  • ANIMATED UNREAL FOLIAGE
    アニメーション化された素材で葉をレンダリングします。
  • 改善されたV-RAY光ベーキング
    Unreal固定照明のサポートを追加します。

対応CGソフトと価格

対応CGソフト

V-Ray for Unrealは、3ds Max、Maya、Rhino、SketchUp、Unreal Engine 4.19,4.20のV-Rayと互換性があります。
4.21のサポートは近日との事。

価格

ライセンスは期間限定のレンタルライセンスとなり€ 60(7,800円前後) /月 または € 340(44,000円前後) /年です。

V-Ray for Unrealについて詳細はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です