スクエニ『FF14』。拡張パッケージ『漆黒のヴィランズ』のCGムービー公開

世界中で人気のMMORPG『ファイナルファンタジーXIV 』。
本作の第3弾の拡張パッケージとなる『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ(SHADOWBRINGERS)』を発表。

それに合わせてCGムービーの公開されました。

『FF14』拡張パッケージ『漆黒のヴィランズ』のCGムービー公開

FINAL FANTASY XIV: SHADOWBRINGERS Teaser Trailer

『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ(SHADOWBRINGERS)』のサービス開始は2019年初夏を予定しています。

新たな『FF14』世界設定本も近日発売予定

『FF14』の世界設定本『Encyclopaedia Eorzea ~The World of FINAL FANTASY XIV~ Volume II』も発売予定です。
こちらは拡張パッケージ第2弾で追加された東方の世界の地理、人物、種族なども掲載。
2018年11月24日の発売を予定しています。

エオルゼアのすべてを探求し、記し続ける――

1冊目では語り切れなかったエオルゼアを含む三大州の文化、風習、新たに判明した東方の地理や人物、種族などについて、
再び開発チームが全八章、304ページを書き下ろし
た『ファイナルファンタジーXIV』の世界設定本第二弾、発売決定!

第一章:世界…東方地域やエオルゼアの特殊な文化、信仰、言語などを語る
第二章:歴史…紡がれ続ける歴史、アラミゴとドマがガレマール帝国支配から解放される様を振り返る
第三章:都市国家と地域…アラミゴ、ギラバニア地方、および東方の国や地域を紹介する
第四章:組織と人物…冒険の中で出会った人々と、彼らが属す組織について
第五章:三大州紀行録…三大州の各地に存在する秘境、遺跡を探索
第六章:ジョブと武具…冒険者たちが新たに修得した戦闘技術と、彼らが愛用する武器と防具に注目
第七章:獣人と蛮神…コウジン族など主に東方に生きる獣人たちと、彼らが呼び出す蛮神について
第八章:三大州博物誌…魔物のほか、家畜や伝承上の生き物など人と獣にまつわる文化・風習も解説

執筆:ファイナルファンタジーXIV 開発チーム 織田万里、Michael-Christopher Koji Fox、石川夏子
監修:ファイナルファンタジーXIVプロデューサー兼ディレクター 吉田直樹

★インゲームアイテム「マトーヤの帽子(頭装備)」のアイテムコード付き


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です