第一次世界大戦のフィルム映像を最先端の修復技術でカラー化。ドキュメンタリー映画『They Shall Not Grow Old』の予告編

ドキュメンタリー映画『They Shall Not Grow Old』の予告編

They Shall Not Grow Old – New Trailer – In Theaters December 17 & 27 Only

監督、プロデューサーは『ロード・オブ・ザ・リング』三部作の監督ピーター・ジャクソン。

この映像は当時撮影されたBBCの600時間のインタビュー映像と帝国戦争博物館の100時間の映像から、最先端の修復、色彩、3D技術を駆使し、構成されたそうです。

昔のフィルム映像は少し早回しに見え、フィルムにゴミが付いていたり、明るさが不安定だったりするものです。
しかし修復された映像はそういったノイズが無く、高精細で画面サイズも4:3から16:9になっています。

もともと秒間15~18コマだった映像を秒間24コマへの補間も行っています。

また、このフィルム映像にはもともと音声は無いため、この映画の為に役者を使って録音されたそうです。

上映の場所や日程は限定的で、2018年9月、11月にイギリス、アイルランドに上映されました。
それ以降の上映は12月17日と12月27日にアメリカで上映されます。日本での上映は未定。


こういった修復作業はとんでもない労力がかかりそうですが、他の修復された古い映像も見てみたい所…。江戸時代の映像とか。

AIを使った高精細にする技術、着色する技術

少し話が脱線しますが、最近ではAIを使って写真を高精細にする技術や、着色する技術も登場しています。
CGトラッキングでも過去にご紹介しましたが、まだご覧になっていない方はどうぞご覧ください。

AIを使って画像を拡大。6倍拡大してもディティールもそのままの技術『A.I.Gigapixel』

2018.08.24

【無料】AI着色サービス。『PaintsChainer(ペインツチェイナー)』が面白い

2018.07.11

AIで写真のノイズ、透かしを除去。nvidiaが開発

2018.07.11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です