【2DCG】 Photoshop Tips このレイヤーに何か描いたっけな?という時に

【2DCG】 Photoshop Tips このレイヤーに何か描いたっけな?という時に
たまには小生のPhotoshopのTipsをご紹介。

Photoshopで白い背景の上にレイヤーを追加し、そのレイヤーに
透明度40%の黄色い点を1ピクセル打ちました。
そのありかをサクッと見つける方法をご紹介。

この方法を使えば、何か描かれているのか、空のレイヤーなのか
分からなくなったレイヤーを判別するのに使えます。

方法は凄く簡単なので、申し訳ないのですが。


レイヤースタイルの境界線にチェックを入れるだけ。
【2DCG】 Photoshop Tips このレイヤーに何か描いたっけな?という時に

するとこのように境界線で強調されます。
【2DCG】 Photoshop Tips このレイヤーに何か描いたっけな?という時に

強調されれば、そこにピクセルが存在します。
強調されなければピクセルは存在しません。
もちろんピクセルがエリア外にあると思われる場合は
レイヤーを移動して確認して下さい。

この方法を見つけるまでは
レイヤーをCrtl+dの選択範囲で判別していましたが、
透明度50%未満だとその方法は使えません。

でも、この境界線を表示する方法だと、透明度に関わらず
表示する事が出来るので便利。

マット画やテクスチャーを描いている時に割と使ったので、
この方法を覚えておくといつかは役に立つかもしれません。

スポンサードリンク



CGトラッキング 関連記事
【2DCG】 その数100個!Photoshopのイラスト&テクスチャー チュートリアルまとめ


5 件のコメント

  • > takiraw 様
    そうですよね。小生も複数ピクセルの場合が多く、
    境界線を表示させながらレタッチしているので、
    そういう時は便利です。
    ピクセルがあるかどうかを判断するだけであれば、
    b様が仰るように、Ctrl+tで十分かもしれません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です