【その他】 Autodesk製品ポータルサイト『AREA』日本語版

Autodesk製品ポータルサイト『AREA』日本語版

Autodesk製品のコミュニティーポータルサイト
『AREA』日本語版が発表されました。

『AREA』ではAutodesk製品のMaya、3dsMax、MotionBuilderを中心とした、
チュートリアル、データダウンロード、ショーケース(作品公開)等のコンテンツを利用する事が出来ます。

日本語のコンテンツが少ないですが、
海外のチュートリアルも多数掲載されている為、
利用してみる価値はあると思います。

一部のコンテンツの利用には『AREA』メンバー登録が必要です。
メンバー登録は無料ですので、興味のある方は登録してみて下さい。
『AREA』メンバー登録方法についてはコチラをご覧下さい。

小生は『AREA』メンバー登録しておきました。
Autodesk製品ポータルサイト『AREA』日本語版

CGトラッキング 関連記事
【3DCG】 Maya フリーのキャラクターセットアップ済み データ
【その他】 テクスチャー素材配布サイト
【3DCG】 出来たてCGフォーラム 『sharecg』


4 件のコメント

  • じゃなくて
    下のクリーチャー氏はmentalrayですか?
    私はアンビエント+エリアライトでmayasoftwareに100円(ぉぃ)
    あんまり関係ないですけどクリエーターとクリーチャーって紙一重なんですね。(語源が同じ)
    まあ確かに怪物みたいなクリエーターさんはいますね(笑)

  • >so様。
    じゃなくてって(笑)
    メンタルレイなので、100円没収です。
    でも『ごめんなさいクオリティー』なので、その100円は返却いたします。
    クリエーターの語源は知らなかった…。
    また一つ賢くなりました。

  • タケチューさん、イケメンですよ!(特にメガネが赤い)
    なけなしのお金がまた無くなります。
    では100円振り込むので暗証番号が書かれたメモと共にキャッシュカードをこちらに送って下さい。
    大学生になってからこういう銀行関係の事務処理?も全部自分でやらなきゃいけなくなったのでもうわけが分かりません。
    知らないうちに引き落とされてても多分気付きません。
    どうでもいいですけど、何か100円って愛着がもてます。
    500円でも10円でもダメなんです。
    100円がいい。100円をかわいがりたい。
    さて、何かとお忙しいそうですがこんなわけの分からないコメントに負けず頑張ってくださいね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です