【3DCG】 ピクサー 4部先(2011-2012年)の作品名が明らかに

ピクサー 4部先(2011-2012年)の作品名が明らかに

【3DCG】 ピクサー 4部先(2011-2012年)の作品名が明らかに

June 27, 2008: WALL-E, Andrew Stanton (writer/director of Finding Nemo)

2009: Up, Pete Docter

2010: Toy Story 3, Lee Unkrich (co-driector of Toy Story 2 and Finding Nemo).

2011-2012: Which leaves John Carter of Mars and possibly Brad Bird’s adaptation of 1906 (unannounced).


John Carter of Marsの邦題は『火星の巨人ジョーグ(1964年刊行)』。

これは、1架空の火星を舞台にした、SF冒険小説シリーズの内の一章のようです。



リンク先のイラストを見ると原作はリアル系のようですが、

裸同然のオネーチャンはどういう衣装になるのでしょうか。

ピクサーはこれをどうアレンジしていくのでしょうか。



CGトラッキング お知らせ 本日から長期休暇を頂きました。

この間、時間があれば、1日に2回以上更新出来るかもしれません。



長期休暇というのに、小生風邪を引いてしまいました…。

皆さんも風邪を引かぬよう気をつけて下さい。




CGトラッキング 関連記事 【3DCG】 Pixar次回作『Wall-E』予告編 第3弾公開






You may also like...

3 Responses

  1. so より:

    風邪は長期休暇でじっくりと治してください(笑)
    pixerって、監督がお偉いさん達の前で作品のプレゼンし合う
    ってのは聞いたことあるのですが…4部先て!
    タイムスケジュールもヤバそうですね。

  2. so より:

    ピクサーのスペルが違いますね!!
    わーい♪

  3. タケチュー より:

    ありがとうございます。
    風邪は落ち着きました。
    ただ、クシャミのしすぎか、腹筋と背筋が筋肉痛に…。
    so様も風邪に気をつけてください。
    多分毎度の事、その映画専用のプログラムも
    開発したりするでしょうから、それも考えると、
    結構キュウキュウのスケジュールかもしれませんね。
    オソロシヤ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です