ペイントソフト『Painter 2019』リリース。いち早く触ってみた方の感想は如何に

『Painter 2019』の紹介ムービー

『Painter 2019』の新機能や機能強化点(一部)

パターンペン

これらのユニークなブラシを使うと、ワクワクするようなパターンを組み合わせて幻想的なストロークが生み出せます。また、2019 バージョンでは5つの新パターンが選べます。豊富なライブラリから選択したり、独自のパターンを作成したりできます。

スタンプ

タトゥー、キズ、スクラッチ、凹凸、木々などのインパクトのある装飾でアート作品を特徴付けることにより、ペンティング時間を大幅に省けます。

リアル水彩

用紙のテクスチャおよびきめに作用するウェットブラシをお楽しみください。本物の紙と同様に、流れたり混ざったり吸収したりします。

厚塗りペイント

重ねて拡げたり、彫ったり削ったり、またはブレンドしたりしながらリアルで完璧なペイントに仕上げることのできる重厚なメディアを使用してペイントできます。

カラー選択

よりカラーの選択が見やすくなりました。また、カラーパレットを一時的に固定させて必要な時にすぐにカラーを選択し、ショートカットを使ってスポイト ツールによるカラーのサンプリングをすることもできます。

パフォーマンスツール

マルチコア プロセッサや、AVX2 拡張を使用し、コード最適化を行う CPUへのサポートが強化されたおかげで、これまでで最高速の Painter が生み出されました。豊富な種類のブラシの迅速さは一目瞭然です。速さが2倍になったブラシもあります。ドキュメントのズーム、パン、回転を行う際のレンダリングも最高 50% まで高速化しました。

『Painter 2019』を試された方の感想

『Painter 2019』は無償体験版も用意されています

『Painter 2019』は既に無償体験版が用意されており、30日間試用する事が出来ます。
『Painter』は多彩なタッチや本物の画材のような質感を再現する為か、処理が重い印象があります。ただ、マシンスペックによるとは思いますが、『Painter 2019』はパフォーマンスが向上されたのもあって、『早くなった』という投稿が見られました。絵を描く際のレスポンスは非常に重要だと思うので、まずは30日間の体験版で試してみては如何かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です